ヴァイオリン工房は不思議の部屋 ★camera delle meraviglie★

shinop.exblog.jp ブログトップ

<   2011年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

SUONO ITALIA イタリアの響き展

d0079867_037617.jpg

展示会ラッシュだった10月最後のアテンドは東京・九段にあるイタリア文化会館で行われたSUONO ITAIAーイタリアの響き展。
イタリア貿易振興会主催でここに出品するピッチノッティ・ヴァイオリンにアテンドを頼まれて3日間アテンドを承りました。この展示会ではバイオリンだけでなくアコーディオン、管楽器、ギター、マンドリンなどイタリアの楽器メーカが集まり製品の展示とコンサート、マスタークラス、ワークショップなど楽器をめぐるイベントでした。
d0079867_0421047.jpg

バイオリン関係では今回クレモナのメーカは参加せず、トスカーナやエミーリア・ロマーニャの製作家が参加していてあまり交流のなかった人たちとも狭い会場で暇な時に雑談できたり、いろいろ興味深い楽器周辺の話も聞けてたいへん有意義でした。
d0079867_0463219.jpg

今回はミラノの製作学校で教鞭をとっていたマンドリン製作家のロレンツォ・リッピもやってきてワークショップも行い、僕はそこで通訳を仰せつかりました。馴れないマンドリン業界の専門用語に戸惑いましたがテーマも面白くたいへん有意義だったとおもいます。
アコーディオンは日本ではあまり知られていないがマルケ州で盛んに生産されている楽器であります。普及モデルから高級モデルまでカスタムモデルのものはやはりイタリアンでした。最終日はcoba氏がコンサートで演奏して盛り上げました。

企画されたコンサート(無料)では休憩中にワインがふるまわれ、終了後はちょっとしたおつまみが用意されていてイタリアならではのゴージャスなおもてなしでした。久しぶりにイタリアにいた頃の料理を食べた気がしました。日本ではなかなか味わえない味でした。

ともあれ、楽器の展示会ではありましたが業者向けだけでなく、一般の音楽愛好家に向けても楽しいイベントでした。こんな企画が日本の楽器メーカでもあったらよいのになと思った次第です(来月の展示会もこんな感じにならないかなぁ・・・)。
d0079867_0482144.jpg

by shinop_milano | 2011-10-19 22:00 | 篠崎バイオリン工房

上海にて Music China 2011

大阪での展示会の後は、1日開けて上海で行なわれる楽器の国際見本市Music China2011にいってきました。
d0079867_0205773.jpg


上海に行くのは今年で二度目になりました。今回は話題のエコノミー航空会社、春秋航空を使って茨城空港からの出発です。往復の運賃は税込みで約23,000円。空港まで行くのにはちょっと時間かかるけど余裕のある日程ならこれで十分。乗り心地は・・・ヨーロッパのエコノミー航空路線と同等という感じでした。
上海到着は夕方だったのでこの日は宿に直行。それまでの疲れも手伝ってチェックイン後、外にあるファミリーマートで肉まん家って食べてバタンキューでした。中国のコンビニ肉まん1個30円。味は十分です。

翌日、地下鉄を乗り継いで徒歩にて展示会会場に向います。
d0079867_03074.jpg

去年は万博をやっていたため街は人も多く活気がありましたが今年はずいぶん落ち着いた感がありました。というか、市内を歩いたり、地下鉄に乗ってみると市民も発展してきた街の生活に慣れた感がします。物価も去年より上がったのかなというのも感じます。
さて、会場に向うには大通りをまたぐ歩道橋をわたって行くのですが、ここには展示会場にブースを出さない(出せない?)業者さんたちが青空市場を形成していて各種楽器をやマテリアルを売っています。
d0079867_0381216.jpg

バイオリンはもちろんもこと、胡弓や中国の横笛、楽器ケース、驚く事に胡弓用の蛇の皮なんてのも売っています!この状況を見ると果たしてこれらの楽器はどこに行くのだろうかと思うと興味深くもあり、また自分が楽器を作っていて提供する楽器についての考えもありようを考えてしまいます。もちろん会場の中にはここ以上の楽器やそれに付随するものが展示されているのですが世界の楽器需給の状況はものすごい状況にあるのだなと実感します。

展示会場には取引や付き合いのあるヨーロッパの業者も来ているので彼らと商談やサンプル品を購入して三泊四日の上海滞在を終えました。ホテルや空港では英語、日本語も通じますが庶民的な食堂や街のお店では会話が通じないので外国にいる感じを実感しました。何となく初めてイタリアに行った頃のことと重なるなぁ・・・
by shinop_milano | 2011-10-15 00:14 | 篠崎バイオリン工房

会場のウラにはコスプレーヤー

サウンドメッセの会場ATCホールは各種お店やレストランの商業施設が入っていて、近くはイベントスペースもあり、海に面した公園もあり休日過ごすには目的無しに来てものんびり過ごせそうなところでした。
休憩に外の公園に出て潮風に当たろうかと思うとなにやら変わった雰囲気の人たちが多い。と思ったら初音ミクを発見。。。ひょっとしたらここは、とおもったらその通り、どうもコスプレーヤーの方たちの撮影スポットになっているようでたくさんのコスプレーヤーが集まっていたのでした。
d0079867_1221455.jpg

海に向っては戦隊ものよろしくポーズをとっている人たちもいました。
d0079867_1295789.jpg


そういえば地下鉄に乗ってホテルからここに来るまでにずいぶん個性的な服装な若者たちもいたなぁ。どうもこの辺は各種マニアな人たちの集まりやすい地域のようです。(平日は違うかもしれないけど)
by shinop_milano | 2011-10-09 01:10 | 篠崎バイオリン工房

サウンドメッセin大阪

先々週末から展示会の連続で移動をくり返し、昨日上海から帰ってきました。
明日からは東京・九段からの展示会アテンドのためこの辺で軽く参加した展示会の状況を入れたいと思います。

まず10/8、9に大阪であったサウンドメッセin大阪2011のほうから。
d0079867_23465041.jpg

全日の7日に車で搬入のため大阪入り。出かけ頭に関越のICをくぐるのに間違って「一般」にはいってしまった!しまった、これじゃ、ETC割引きかんねんと次のICで慌てて降りるが出た先は朝の国道交通渋滞。一回りするのに30分でいきなり出ばなを挫かれてしまったがその他は大きな渋滞も無く予定通りの16:00に大阪に着きました。
会場の裏はなんと大阪港のフェリー乗り場。子供の頃絵本で見たカーフェリー「さんふらわぁ」号の現役の姿を間近で見られて驚き。およそのセッティングを終えて宿泊先の市内のホテルに撤収。

d0079867_2353413.jpg

ブースは写真のように材木をならべて展示しました。ブースには大阪在住の友達の紹介でチェンバロ弾きの美人な女性にアテンドをお願いしました。圧倒的に男性密度の高い会場に花を添えてもらいました。5月にあった東京の展示会で知り合ったギターメーカーさんらにも再会しましていろいろお話しできたのが嬉しかったです。
今回は会場でプレゼンのためiPad2を持っていったので写真撮影はこれに頼ったのだが、う〜ん画質はイマイチだなぁ〜。

2日間の展示会を終えてさらに大阪に一泊、翌日埼玉に帰りました。帰りは3連休の最終日ということもあり早い時間に出発したにもかかわらず途中、厚木近辺で事故渋滞に捕まりのろのろ運転。
埼玉に帰ってからは翌々日の上海出発に向けてゆっくり休むことにしました。
by shinop_milano | 2011-10-08 22:00 | 篠崎バイオリン工房

秋晴れの日に

コスモスに花が咲き誇りキンモクセイの香りが漂う今日は湿度が低く日差しもいいので楽器の下地処理にはもってこいの天候でした。明日からは雨になるとのことなのでなるべく今日のうちに塗装の作業を進めたかったのです。金曜日からは大阪に出張ですし出来る時に作業を進めなくては・・・

d0079867_105138100.jpg


気温画低過ぎ、湿度が高過ぎは塗装の乾き具合に大きく影響します。今月は天気よい日が多いことを祈ります。
by shinop_milano | 2011-10-04 20:00 | 篠崎バイオリン工房

「ミラノ的ヴァイオリン製作の部屋」改め。埼玉に活動の場を移したヴァイオリン屋の徒然日記


by shinop
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31