ヴァイオリン工房は不思議の部屋 ★camera delle meraviglie★

shinop.exblog.jp ブログトップ

<   2011年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

"Il cucchiaio"

昨日アーチを作り終えたウラ、表板材は内側をくりぬいて「板」にします。
最初のうちはガッツリと木を掘るので初心者のころはそこそこ硬いメープル裏板の場合結構たいへんだったけど一度チェロを作ってしまうとヴァイオリンなんかは楽なものでございます。いろいろ便利な道具もあったりするのでね。例えばこんなやつです。
d0079867_0271650.jpg

個人的には”クッキアイオ”(イタリア語でスプーンの意)と呼んでいます。ちょっと特別な丸ノミでぐっとスプーンのように曲がっています。これでもって一番カーブのきつい所を、
d0079867_0303152.jpg

こんな方に削ります。変則系アイテムは使えない道具が多いけどこれはあたりツール。ミラノの製作学校でもこれ持っていったら好評でした。

そんなわけで今日は軽くいい汗かきました。
by shinop_milano | 2011-08-30 00:34 | 篠崎バイオリン工房

8月も終わりに近づき

今月は夏休みということもあってか予想以上に工房に多くのお客さんがいらっしゃいました。ならびに出張する機会も多くが外出が多かったです。ということは、自然と楽器の製作は遅れていて今月くらいには木工を追える予定だった2台のヴィオラはまだこんな状態です。
d0079867_23473679.jpg

アンドレア・グァルネリモデルは箱に閉じた所、グァダニーニモデルは表&裏板のアーチを作った所でこれから中をくりぬきにかかります。ネックはまだできていませ〜ん。11月の展示会には間に合わせたいのでこれからがんばらねば。
by shinop_milano | 2011-08-28 23:51 | 篠崎バイオリン工房

篠崎農園

お盆の最中、お休みの方も多かったおもいますが如何お過ごしだったでしょうか?

我が篠崎家にはいくらかの畑があるのですがここでは父母が農作物を栽培しています。夏の盛りの今日この頃は農園にたくさん作物が実っています。今日は畑に実る作物をいくつか紹介しよう。

d0079867_0134894.jpg

まず筆頭はブルーベリー。およそ9株植えてありますがこの時期はお多い日で一日10kg以上収穫できる時もあります。一夏で一年分のブルーベリージャムが作れるほどです。

d0079867_014230.jpg

続いてズッキーニ。イタリアでは夏野菜の筆頭ですが日本ではどのように調理して良いか悩ましい野菜。すぐに大きくなり放っておくとズッキーニから"ズッコーネ"(大きいズッキーニという意味)になってしまいます。

d0079867_0141769.jpg

トマトはいろいろな種類が植えてあります。今年はイタリア標準のサンマルツァーノ種も植えてたとの事で楽しみにしていました。だけど、やっぱりイタリアの方が美味しいかな・・・

d0079867_0143362.jpg

香の物ミョウガ。雨の多い年はたくさん出るのですが今年は雨が少なくほとんど生えてくれません。学生の頃はバイト先の居酒屋に持っていって重宝されたっけかなぁ。。。

d0079867_0151791.jpg

今年は不作で高価と言われるスイカですが、父が育てたスイカは順調に成長して結構甘く夏の水分補給に助かっています。最近は変わったタイプのスイカも開発されているようで、このような
d0079867_0145594.jpg

細長く黄色いスイカもあります。その名も「金のたまご」という品種だそうです。味はまあまあでしたが丸い方が美味しかったかなぁ。

他にもいろいろな作物があるのですが、あり過ぎてどう処理しようかと困ることがあります。ナスとかキュウリとかトマトね。なのでタイミンングよく工房にいらした方にはお裾分けしたりしています。雨が降ったあとで良い天気が続いた時は狙い目です。

一応付け加えておきますが、これらの野菜は私の父と母が栽培したものでお恥ずかしながら僕はその恩恵にあずかっている状態です。
by shinop_milano | 2011-08-16 00:40 | 篠崎バイオリン工房

残暑お見舞い申しあげます

d0079867_2123385.jpg


埼玉の工房では暑い日が続いています。「暑い」で有名な熊谷の南側、今月初めは涼しい日が続いていましたが、今週は36℃オーバーの暑い日が続きました。にもかかわらず、何組かのお客様もいらして頂きました。暑い中本当にありがとうございました、と言いたい気落ちです。

さて、明日からお盆という事でお休みの方も多いかと思います。工房はカレンダー通りの営業です。いまは進行中のヴィオラ2台の製作に励んでいます。久しぶりの日本の夏はなかなか気がめいることもありますが、夕方にはこのように作業台の前の窓から入道雲が見えることもあり、ああ日本の夏なんだな、と思うこともあります。

暑い日が続きますがみなさまご自愛のほどを。
by shinop_milano | 2011-08-12 21:58 | 楽器製作

湿度の高い日は・・・

現在製作中のヴィオラ2台は表、ウラ側に板を切り出しパーフリングを入れています。
楽器の周囲を飾るパーフリングは象嵌(ぞうがん)であり、白黒ストライプの木のリボンを埋め込んでいます。楽器を弾く人でも意外に知られていない事実であります。
d0079867_12121925.jpg

こんな感じでナイフでリボンを埋める溝を掘るのですが慎重に作業しないと隙間が空き過ぎたりするので気を使う作業です。正直なところぼくはあまり得意ではない作業なのでもしこれが一月続いたら発狂するかも・・・

今回はここ数日雨が続き湿度の高い日が続いていることもあって木が水分を多く含んでいて木は膨らんで柔らかくなっています。特に表板のスプルース材は湿っていて柔らかくなっているのを実感します。木工作業において湿度は大きく影響していてこのようにはめ込む接着を要する作業はなるべく乾燥している時に行いたいものです。
以前、ミラノにいる時にある製作家から聞いた話では、湿度の高い冬の雪の降る日にチェロのネックのセットを行っていて翌日に接着を行う所まで仕上げたら、天気のよい次の日にはブカブカではめ込むホゾに木を埋め直して修正しなくてはいけなかった、ということを聞いたことがあります。
季節は真逆ですが湿度の高い時はそんな事も考慮して作業を進めます。

もう一つのヴィオラはもうはめ込み済みで埋め込んだ直後は輪郭がはっきりしてそれらしくなります。
d0079867_122088.jpg

by shinop_milano | 2011-08-01 12:13 | 篠崎バイオリン工房

「ミラノ的ヴァイオリン製作の部屋」改め。埼玉に活動の場を移したヴァイオリン屋の徒然日記


by shinop
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31