ヴァイオリン工房は不思議の部屋 ★camera delle meraviglie★

shinop.exblog.jp ブログトップ

<   2011年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

金沢で音無響子さんが泊まった旅宿に宿泊

d0079867_0572146.jpg

先週のことですが、出張で金沢に行って参りました。北陸に行くのは初めてでとても楽しみに出発しました。出発に際して宿泊先やついでの観光スポットを検索していたのですが、愛読のマンガ『めぞん一刻』で主人公、響子さんと五代くんが金沢、能登にゆくエピソードがあるのを思い出しその現場にいってみるのもいいかなと思いググってみました。
すると、さすがにコアな『めぞん一刻』ファンは追跡している方がいてマンガに描かれている場所をほとんど紹介していました(それについて知りたいマンガファンのかたは詳細はこちらを参照のこと)。
そこで、響子さんの泊まったであろうと紹介されている金沢駅前の老舗旅館 鹿島屋さんに予約を入れてみることにしました。宿を予約する際に鹿島屋さんのホームページを開いてみるとなんとベルリンフィルのメンバーも泊まっているではないですか!さらにページをめくってみると学生オケの方たちも利用している模様。旅館のご主人はアマオケ関係者と思われたので面白い話しもできるのでは予想してここに決めました。
鹿島屋さんについてみると、女将さんはご主人と一緒にかつては立教大学のオケでトランペットを吹いていらして今もアマオケの友人、知人や若いアマオケの方たちとおつきあいがあるとのことで楽しいお話を聞くことができました。
d0079867_1161127.jpg

かつてはいくつかの旅館が軒を連ねていたという鹿島屋さんある通りは、めぞん一刻が連載されていた頃とちがって旅館はここだけ。ずいぶん周りも変わってしまったようです。でも、伝統的な建築の宿はここだけ残っていてとてもいい雰囲気でした。

鹿島屋さんのホームページはこちら

トップの写真は夜間特別入園を行っていた兼六園の松です。冬にしかみられない雪吊りのライトアップはなかなか素晴らしかったです。
by shinop_milano | 2011-02-21 01:27 | 篠崎バイオリン工房

古物商許可取得しました

d0079867_2356479.jpg

ちょっと前のことですが古物商許可を取得しました。
古物商とは古物の売買、委託販売等の営業のことで、これを行うには古物営業法に従い都道府県公安委員会の許可を得ることが必要です。

ということで、中古楽器の売買を行うにはこの許可を取得しなければならず昨年12月に許可を申請していたのですが、およそ1月半後やっと許可証がきました。申請には各種書類が必要だったりするのですが、書類書いたり書き直したりと結構めんどうでした。でも、これを用意して事業が展開することを考えれば、これを受け付けてチェックするほうが非生産的で忍耐を要するだろうなぁと思うと自分の方がマシでは?と自分を納得させています。

ともあれ、これをもって篠崎バイオリン工房も中古楽器の買取/販売、委託販売を開始致します。
by shinop_milano | 2011-02-19 00:18 | 篠崎バイオリン工房

「ミラノ的ヴァイオリン製作の部屋」改め。埼玉に活動の場を移したヴァイオリン屋の徒然日記


by shinop
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28