ヴァイオリン工房は不思議の部屋 ★camera delle meraviglie★

shinop.exblog.jp ブログトップ

<   2011年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧

新webサイトβ2版

長らく準備中であった篠崎バイオリン工房サイトを更新しました。
d0079867_16563531.jpg


β2版ということでデザイン、レイアウトを決めて徐々にコンテンツを増やしてゆくつもりです。
ちなみに、このwebサイトはすべて篠崎本人が編集しています。写真などもほとんど自前です。やってみると試行錯誤の連続。いや〜、ここまで来るのに長かった・・・ここまで自分自身でやるバイオリン作りはいないよなぁ、きっと。
http://www.shinozakiviolin.com/

みんな見てね。
by shinop_milano | 2011-01-29 17:00 | 篠崎バイオリン工房

篠崎バイオリン工房オープンイベント(つづき)

開始時間の15時になるとお知らせをしたご近所の方たちがやってきてくれました。狭い工房倉庫はあっという間にいっぱいになり自分で企画しておきながらちょっと慌ててしまいました。数年のイタリア生活のためか、あるいは人生に幾分馴れてしまった為か、何かあったら適宜対応、と楽観的なつもりでいたのですが、もうちょっとちゃんと準備しておけば良かったなぁ、と反省する次第です。演奏の曲順も始まる数分前に決めたりして・・・

d0079867_18303628.jpg

そんな訳で演奏に際しては、急遽私の司会によるレクチャーコンサート形式になり演奏曲目のかいつまんだ説明と演奏する楽器が現代一般に使われているものとどう違うかなどの説明も加えて音楽を聴いてもらいました。

以下、演奏の様子です。
d0079867_18264217.jpg

チェロの懸田さんにはヴィヴァルディの「チェロと通奏低音のためのソナタ変ロ長調」を弾いてもらいました。当日急遽ヴァイオリンの伊左治さんに「ヴァイオリンによる通奏低音への参加」が提案され3人で演奏してもらいました。チェロの代わりにヴァイオリンでも音楽が厚くなって結構効果が出ています。
d0079867_18575923.jpg

松岡さんはチェンバロ独奏でヨハン・キャスパール・フェルディナント・フィッシャーの「シャコンヌ」を弾いてもらいました。一般にあまり知られていない作曲家ですが、フランス風のかわいい曲を丁寧に弾いてくださいました。
d0079867_194046.jpg

野呂さんが歌ってくれたのはアレッサンドロ・ストラデッラのカンタータ「美しくつれない女への手紙」。感情のこもった歌に加えてしっかり衣装も用意してくださって花を添えてもらいました。
d0079867_2112458.jpg

最後にヨハン・セバスティアン・バッハの「バイオリンと通奏低音の為のソナタ ト長調BWV1021」から1楽章と4楽章を弾いて頂きました。演奏には小生作の後期バロック仕様のヴァイオリンを使って頂き、現代の楽器と弾き比べてもらって集まった方には違いを見て聞いて頂きました。楽器を作った本人としましてはこの上ないオープニングイベントになり感無量です。

今回はご近所の方にご挨拶のつもりで声を掛けさせてもらい、ほぼ100%僕のわがままで催させて頂きました。にもかかわらず多くのかたに喜んで頂けたという声を頂いてほっと胸を撫で下ろしています。演奏して頂いた方、来て頂いたみなさまにお礼申し上げる次第です。ありがとうございました。
これからもよろしくお願い致します。
by shinop_milano | 2011-01-17 21:26 | 篠崎バイオリン工房

篠崎バイオリン工房オープンイベント

事後紹介ですが、1月15日に篠崎バイオリン工房のオープンイベントを行いました。
まずはご近所の方にまだ挨拶もしていなかったので地元では全くなじみのないヴァイオリン製作の工房の様子をみて頂きながらご挨拶をできればと思ってご近所のみなさんにいらっしゃって頂きました。お茶でも飲みながら、当日はミラノで知り合った演奏家の友達に来てもらって小コンサート企画し、しかもオリジナル楽器を使ったバロック音楽の演奏です、楽器の方から見てあまりなじみの無い(でもおもしろい)音楽に触れてもらえればと思った次第です。

まず、このイベントにあわせて工房の看板を用意しました。こんな感じです。もう何人かの人には来てもらったのですが看板内と迷う方もいるので用意しました。
d0079867_23394524.jpg

デザインは僕が制作し、出力は比企郡小川町の「しもざと工房村」の安藤さんに忙しい所をお願いして間に合わせてもらいました。ありがとうございました。ああ、これでここで何が行われているか一目瞭然です。

今回来てもらった演奏家はチェンバロ松岡友子さん、ソプラノ野呂愛美さん、チェロ懸田貴嗣さん、ヴァイオリン伊左治道生さんです。みんなミラノで音楽の勉強をしてそこでお世話になった友達です。チェロの懸田さんは実は大学の先輩でもあり大学時代は同じ学生オーケストラで一緒に楽器を弾いていました。先輩が駆けつけてくれたのはとても嬉しい限りです。

会場には同じ滑川町でチェンバロ製作を行っている横田誠三さんに横田工房製イタリアン・モデルのチェンバロをお借りすることができお膳立てはバッチリとなりました。場所は工房の倉庫です。
d0079867_013584.jpg

<次回に続く>
by shinop_milano | 2011-01-16 23:29 | 篠崎バイオリン工房

またもやTBSから

番組ノベルティが届いた。『小島慶子のキラ☆キラ』からQUOカード500円分。
d0079867_0242825.jpg

はて、いつのだ?
わかった、この間代打で出演した外山恵理の放送の時当たったのがこれで、前回のバッジは『Dig』の番組中で当選したものだ。放送を聞いていなかったのでいつのものかわからないぞ〜。ま、いいか。

ということで番組ノベルティグッズ集めています。
by shinop_milano | 2011-01-11 22:19 | 篠崎バイオリン工房

ノベルティグッズが届く

自営業の特権、それは平日昼間のラジオ放送を聴きながら仕事ができる。

むかし、会社休みの日なんかに昼のAM放送を聞いているとどこそこの商店街にレポーターが出かけて「ラジオ聞いているよ!」とかいいながら答える果物屋のおっちゃんなんかいたけど自営業だとそんなのもありである。そういう立場になってしまった。

昨年暮れのある日、TBSラジオの「キラ☆キラ」を聞きながら仕事をしていると話題にあわせて思わず投稿。採用はされなかったがすべての投稿者からの抽選で番組特性のノベルティグッズが当たった。この日はメインパーソナリティの小島慶子が休みで外山恵理アナがピンチヒッター。で、「キラ☆キラ」のノベルティが届くのかと思ったら外山アナの番組「ニュース探求ラジオDig」のバッジが届いた。こっちの番組も聞いているからそれでもいいんだけどね。

d0079867_22405217.jpg


今度は読まれてQUOカード獲得をめざすぞ。
それにしても、小島慶子は僕より1つ年上の同世代だけどなかなかいい味出している。。。
by shinop_milano | 2011-01-05 22:40 | 篠崎バイオリン工房

新年あけましておめでとうございます

d0079867_23101146.jpg

三賀日もおわりになっての投稿ですが、まだ松の内ということで遅ればせながら、新年あけましておめでとうございます。
日本の正月は6年ぶりですが、自宅で仕事をしていると正月もあまり日常と変わりなく、また以前のように家で気合いを入れて年越し&正月準備をする感じでもなく落ち着いた感じです。
それでも初詣に地元の神社やお寺にいったりすると日本の正月を満喫した感じです。

工房の準備もほぼ終わり、今年は日本で本格的に仕事を展開して行く所存です。気を引き締めてがんばってゆこうと思います
どうぞ今年もよろしくお願い致します。
by shinop_milano | 2011-01-03 23:20 | 篠崎バイオリン工房

「ミラノ的ヴァイオリン製作の部屋」改め。埼玉に活動の場を移したヴァイオリン屋の徒然日記


by shinop
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31