ヴァイオリン工房は不思議の部屋 ★camera delle meraviglie★

shinop.exblog.jp ブログトップ

<   2010年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧

ヘレヴェッへ/シャンゼリーゼ管をモデナで聞く

d0079867_8104948.jpg
先週モデナのテアトロ・コムナーレでフィリップ・ヘレヴェッへ指揮のシャンゼリーゼ管弦楽団を聞いた。シャンゼリーゼ管弦楽団はピリオド楽器のオーケストラである。つまり、弦楽器はガット弦、チェロはエンドピン無し、クラリネットは黒くない、といった楽器を使っているのである。もちろんヘレヴェッへ氏は「古楽」畑のひとなので音楽の語法もひと味違う。レコードはなんども聞いているが生の演奏は初めて聴くことになるのでとても楽しみにしていた。
今回のプログラムはメンデルスゾーンの交響曲3番「スコットランド」とシューマンの交響曲3番「ライン」。どちらも1840年代に書かれた曲でロマンティシズムあふれるこの辺の曲は最近とても興味深い。ちなみにこの二曲、このように日本語では名詞のタイトルがついているがイタリア語ではそれぞれ「scozzeseスコッツェーゼ」と「renanaレナーナ」の形容詞(もちろんドイツ語でも形容詞)である。
さて感想。オケの演奏は以外に「モダン」っぽい。特に管楽器。楽器を見る限りは、クラリネットが黒檀でなく、1番フルートが象牙製(と思われる)の頭部管のついた楽器を使っていた他はほぼモダンの楽器に近いようなかんじで(ここが違うんだよ〜、というのがっあたらごめんなさい)音も「普通」の音色に聞こえた。でも象牙付きフルートはいい音していたなぁ。弦楽器は「ガット弦の語法」もある為か、あるいはそれが故に独特の響きをだしていたといえるがヴァイオリンとヴィオラはほとんどの人が肩当てを使っていた。
「スコットランド」は、こんなにいい曲だったのか、と10年ぶりくらいに聞いて思ってしまった。メンデルスゾーンは楽器の使い方がうまいと再認識。逆にシューマンの交響曲はオーケストレーションがうまくないと言われるがヘレヴェッへの曲の作り方がうまいのか、ガット弦を張った楽器での演奏ではそれはむしろうまく出てきていた。ガット弦は強弱や音色の巾が広く表現の巾が広いが金属弦やナイロン弦を張った楽器ではとにかく「鳴る」ので一本調子に鳴りやすい。だからバランスを作るのが難しいのだとおもう。特にチェロのA線なんかは金属弦とは全然違いハスキーだし、逆にC線は野太いのだ。この差は大きい。今回の白眉は4楽章のフーガ。この楽章は「精神病の音楽」だと思っていたがその考えを改めさせられた。バランスの作り、音程の取り方は丁寧に練習した形跡が見て取られた。ヘレヴェッへの指揮ははっきり言ってうまくないが、音の組み立てはこだわりの深さを感じる。実際にライブで聞いてみるといろいろ再発見があるものである。
by shinop_milano | 2010-04-30 08:00 | モデナ生活

モデナで『おくりびと』を観る

d0079867_612344.jpg

モデナ駅のすぐ脇にある小映画館「スタジオ7B」で今『おくりびと』を上映している。同居人のカテリーナは以前この映画館でバイトをしていて顔が利くから(つまりロハ)ということで一緒に今夜見に行った。イタリアでのタイトルは『Departures』となっていて英語でのタイトルと同じであると思う。イタリアで日本映画を見に行ったのは「硫黄島からの手紙」以来である。
主人公は元チェロ弾きとあって、あるいは楽器屋の様子が出るからと何かと話を聞いていた。が、予習はしていなかった。見終わってみて実にいい映画だと思った。きっと誰しもが多かれ少なかれ経験のあることだし、暗い部分を暗すぎずユーモアも交えてよく演出していたと思う。音楽は久石譲が担当してテーマのメロディや音楽の作り方はかつての大林宣彦監督映画のような「久石節」が利いていてなるほどオスカーの外国映画部門で賞を取れたのも頷ける。見終わってみて、果たして西洋人がどれだけ共感を覚えるのか疑問であったがカテリーナに内容を尋ねると十分内容を理解できる内容であったし、彼女もやっぱり目頭があつくなっていた。実に最初に予想していた以上のストーリーであった。
自分の経験も含めていうと「死」というものを通して人生の何たるかを改めて考えさせられ多思いです。
by shinop_milano | 2010-04-18 22:00 | モデナ生活

ヴィニョーラでの見っけもの

d0079867_15381369.jpg

砦から出て裏通りをあるいていると骨董品屋、がらくた屋といおうか、を見つけた。一応目をやると作りかけのヴァイオリンとコントラバス用の箱閉じクランプが1セット40本あった。コントラバス用のクランプは交渉すると20ユーロでよいと言う。いつ使うかわからないが即決でゲット。お陰で帰りはバス乗り場まで箱を担いで走ったとさ、めでたしめでたし。
by shinop_milano | 2010-04-12 15:00 | 楽器製作

ヴィニョーラの桜祭りを見に行く

4月の第二日曜日、午後から天気が良くなってきそうなので昼間からモデナ県の街、ヴィニョーラの桜祭りに出掛けた。
ヴィニョーラと言えば名物は3つ、サクランボと中世の砦とルネッサンスの3大建築家の一人ジャコモ・バロツィ・ダ・ヴィニョーラ(通称、イル・ヴィニョーラIl Vignolaと呼ばれる)。サクランボの代名詞にもなっているヴィニョーラで桜祭りが4月の初め2週にわたって行われていると聞き今日が最後の日であった。という訳でお花見のつもりで出掛けた。
d0079867_8204150.jpg

モデナからは直線で約30km、バスで約45分の距離である。13時半頃に街の中心に着くと予想以上に人がいない、お祭りはやっていないのか?と思うほど。確かに昨日の夜は雨だったし今日は天気が良くないとの予報だったからなぁ、と想像し拍子抜け感を伴いながら砦とヴィニョーラ設計のボンコンパーニ宮に向う。
d0079867_8215536.jpg

ヴィニョーラは『建築における五つのオーダー』の著書で有名だがヴァイオリン屋にとっては「渦巻き」のデザインの理論で必ず耳にする名前である。ヴァイオリンがルネサンス期の最後に形をなしたのならその設計者は建築の知識も持ち合わせていたであろう、というのは彼に由来するところである。ここには彼の設計した屋敷、ボンコンパーニ宮があるのだがそのなかに彼の設計した「螺旋階段」がある。実はこのことを知らなくてこれを見損ねてしまった(残念!)。後で写真をみたらこれがまたかっこいい。別の機会にまた見に来ようと思う。
そのボンコンパーニ宮の脇には中世の城塞後跡、ヴィニョーラ砦がある。3時半から入場できるというので時間を待って入ったら昨今では珍しく入場無料、おまけにガイドツアーもやってくれると言うすばらしいサービス。学芸員のお姉さんについて説明を聞きながら砦内をまわる。詳しい説明は省くが日本と同じく昔からこの地域は支配者が頻繁にかわりその歴史は日本の戦国時代のようにたいへん興味深い。最後は一番高い「ノナントラの塔」に登り回りの風景を眺める。
d0079867_823219.jpg

砦の近くにも桜の木が植えてあり花を咲かせている。もちろんソメイヨシノとはちがうしサクランボを穫るのが目的なので低く柵をつくって植わっている。花の色は白いが近くに寄ると淡い桜の香りがするのはとても喜ばしく来た甲斐を感じる。
砦のガイドツアーを終えて外に出ると、町中はかなりの人だかりになっていた。どうもこの時間から「山車」が出るらしい。町中の目抜き通りは人だかりに囲まれバトンガールとブラスバンドを先頭に山車がトラクターに引かれてゆく。
d0079867_8245087.jpg

どうもテーマは「各国様式」のようで中には日本をイメージした山車もあって微笑ましかったです。どうも日本の花見を意識してやってくれたようです。
by shinop_milano | 2010-04-11 20:00 | モデナ生活

モデナのジェラテリーアK2

パスクエッタ(イースターマンデー)の午後、午前中の曇り空も晴れて青空が広がってきたので街にでかけた。気温も上昇してきていたので、今日はジェラートかな、とおもいジェラテリーアに向った。
実はモデナではあまりジェラテリーアには行っていない。同居人のカテリーナからは「モデナのチェントロではK2(イタリア語読みでカッパ・ドゥエ)が一番ね」と聞いていたので試してみることにした。
d0079867_623911.jpg

いつもお店の前では人だかりになっているのである程度は予想していたが予想以上の人だかりであった。レジで先払いでレシートをとると5分程待って僕の番が回ってきた。今回はレモンとイチゴ、初めて行くジェラテリーアの僕の定番、を頼んだ。
感想としては、結構甘さが利いていてソリッドな感じではあるが舌触りが滑らかであったかな、というかんじ。今度はクリーム系で行って見ようかな、と。
最近は近くにイタリアで流行のジェラテリーアGROMができた為にいくらか待ち時間が短くなったようである。劇場も近いのでオペラ観劇休憩にもいいかも。
by shinop_milano | 2010-04-05 20:00 | モデナ生活

Buona Pasqua!

d0079867_053114.jpg

4月4日の日曜日は復活祭(イースター、イタリア語ではパスクアPasqua)。イタリアでは月曜日までの連休です。復活祭の前までにイースターの卵(イースターエッグってヤツです)やウサギの形をしたお菓子などを身近な人などにプレゼントし合って、という感じです。
今月からフリニャーニ工房にやってきたドイツ人の女の子アネッテ曰く、ドイツでは一週間くらいのヴァカンスらしく「イタリアのパスクアは休みがたりない」などと漏らしていました。へえ、そうなんだ、とドイツの復活祭状況を初めて聞いた気がします。そういえば僕の周りにはドイツ系の友達って少ないかな・・・?
そんな訳で、今月モデナに引っ越してきた彼女は「連休中の」ご両親もやってきて引っ越しの部屋の整理を一緒にやるようです。僕も荷物運びを手伝いドイツの復活祭について聞かせてもらいました。面白い遊びでは復活祭の卵(チョコレートとか)を庭に隠し子供達に探させる「宝探し」ならぬ「卵探し」。子供たちはワクワクで探しまわるそうなのですが、去年隠した卵が今年になって発見されたなんてこともあったようで、何となく笑っちゃいます。
日曜日は天気が下り坂のようでもったいないですが月曜日(イースターマンデー)は天気が良くなったら何処かに行こうかしらん、と。
by shinop_milano | 2010-04-03 23:49 | モデナ生活

「ミラノ的ヴァイオリン製作の部屋」改め。埼玉に活動の場を移したヴァイオリン屋の徒然日記


by shinop
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30