ヴァイオリン工房は不思議の部屋 ★camera delle meraviglie★

shinop.exblog.jp ブログトップ

<   2009年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

Liutaioの仕事を誉めてくれるのは誰か

詳伝社黄金文庫より出ている松浦昭次著『宮大工千年の「手と技」』を読み返していて、ああ、と唸らされる一文を再認識して投稿。同書の”宮大工の仕事を誉めてくれるのは誰か”より引用します。

宮大工と言うと、何かイメージがいいように思っている若い人もいるようですが、宮大工という仕事は派手なものではありません。むしろ、地味なものです。とくに私らのように文化財の保存修理を専門にしていると、自分ではいい仕事をしたと思っても、それを誉めてくれる人はそんなにいないと思ったほうがいいでしょう。
誉めてくれるのは、百年か二百年たって、次に保存修理をする時に、私らの仕事の様子を見る大工ぐらいのものです。だから、自己満足と言えば、自己満足。仕事がうまくいったかどうかの基準は世間の評判でほなくて、何百年も前の素晴らしい大工の腕に、自分がどこまで近づけたかということしかありません。少なくとも、それぐらいに思っていたはうが間違いがないと思います。


宮大工を楽器職人と比較したら正直なところ失礼も甚だしいですがこの松浦棟梁の意見は楽器作りにも当てはまるところが大きく納得してしまいます。今となっては文化財の寺社よりヴァイオリンの方が我々の身近であるかもしれませんし、楽器は有り難くもいい音がすれば演奏家が誉めてくれる分楽器職人の方が幸せであるかもしれません。木工の技術については求められる精度も質もちがうので(その点では宮大工さんに楽器職人は叶わないとおもう)ちょっと違うかもしれないがその仕事の”モノ”の良さ(音ではなく)を理解してくれるのは同業者だというのは同感です(特に修理したとき)。そしてその成果が自己満足であると言うのも事実かなと思います。
確かにモノ作りにおいて作品がどのようにそれがすばらしいのか、他と違うのか、どうあるべきなのかということはいろいろ見て触って比べてみないと一般的にはわからないと思います。ですから自分でモノの善し悪しを評価するには目を養わないといけないことになるでしょう。
この本において著者は行ってきた仕事の概要や使う道具、建築の様式、数学的な知識まで宮大工の概要を書いています。こうすることで彼らの仕事について”誉めてくれる”のが宮大工以外にも増えその建築/修復に対する認識を高めたいのではといういとが伺えます。ひいてはそれが彼らの、いや我々の文化を守るため、彼らの明日のオマンマを守るためと言うことになるでしょう。
楽器製作業界はそういう点をアピールする人が少なく、どうも一般の方達に我々がどこでどれだけ何をしているのかがよく理解してもらっていないように思えます。結構たくさんあるんですよ、本当は。そう思うとこれからは本業ではないにしても努力しなくてはいけないところかなと思います。

図らずも、読書感想文になったかな?
by shinop_milano | 2009-09-15 19:03 | 楽器製作

ああ、滞在許可証

2年前、2007年の5月に提出した滞在許可証の更新申請は約その1年後にConvocazione(呼び出し)があり所轄の警察署で2008年7月に指紋押捺と写真の提出に応じた。「ヴァカンス空けの9月にできていると思うからやってきて」と言われ(警察署でもヴァカンスがあるってどういうこっちゃんねんとは思うけど)その通りに馳せ参じると「あなたの場合は12月頃になるわね」と、担当の婦警の方。ともかく「できたら連絡があるから」と言われ待つことさらに1年、申請状況をwebで確認できるので進展がないかと見守りながらもこれはおかしいと所轄の警察署に行ってみた。待たされること数時間(厳密にいうと前日に問い合わせに行って待たされているので2日がかりである)、帰ってきた回答は既に更新された滞在許可証はできていて今年2月に期限切れということだ。なに〜!?逆に「なんで今頃来るんだい!」とおしかりを受けた。それはこっちが言いたいよ。
結局なんでこういう事態になったのか、そして改めて更新を申請する為に一筆書いてもう一回やってこいとのこと。まあこっちは滞在許可証がもらえればそれで言い訳で彼女とけんかするのが目的ではない(けんかするのは目的を達成するためである)。ということでこんな作文までした。
d0079867_23184487.jpg

さすがに5年もいるとこの手の書類も書くことはある。が、言いたいことが通れば良い程度のレターだけど体裁もそろえつつ書くとなると2時間くらいはかかる(ああ、面倒くさい)。滞在許可証が発行されるまでの間に幸いにも(?)事故で入院していたからこれも一つの理由になった。まあ、私、担当の婦警いずれもお互いにどうでも良いことのような対応である。だって有名な「滞在許可証の更新申請の領収書」でイタリア国内にいる分には問題ないんだもの!
そんなこんなで彼女は手紙を一読しちょっと僕を待たされると新規作成した2ページのレターを私にわたし「すぐにこれで滞在許可証の更新をして」とのことである。そのレターとは既に更新され今年2月で期限の切れた滞在許可証の「コピー」とこの理由の為警察署で預かっているからこの手紙をもって代わりとすると書かれた一文だけである。これでいいのかい?
もっとも外国人に関する観念が日本とは違うからこれで良いのだろうけどいまだに振り回されています。結局更新の申請をしてしまいまた「領収書」が郵便局でもらえると国内では天下無敵の滞在許可証と事実上同義になる。すごいシステムだと思いません?

以上、先週火曜日のことでした。
by shinop_milano | 2009-09-13 23:44 | ミラノ生活

グァダニーニモデルのヴィオラ完成!!

G.B. Guadagniniモデルのヴィオラが完成しました。
d0079867_2131120.jpg

本体の長さは39.7cmです。いわゆる、「小さいヴィオラ」です。(どこでも同じ事ですが)ぼくの周りのヴィオラ弾きたちは「小さいヴィオラで良いのがあったらほしいのだけど・・・」などとのたまうのでご希望に合うようなヴィオラを作ろうと思い立った訳です。しかしながらだいたいのヴィオラ弾きたちは反実仮想的にこのようにおっしゃる(つまり、小さくていいヴィオラはなかなか見つからない)ので勇気をもって作ってみてもヴィオラ弾きのお気に召さない可能性は高いと。いや〜、自分自身小さくて良く鳴るヴィオラがあったらほしいです。だって、弾くの楽だもん。
という訳で選んだのがGuadagniniモデル。本体は400mm弱にもかかわらず弦長は372mmに設定できるんです。弦メーカはヴィオラについて370mmくらいの弦長を想定して弦を開発しているので本体は小さいながらも十分な弦の振幅が期待できるという訳です。だからヴァイオリンと形を比較するとf孔の位置や駒の位置のバランスがスマートに見えないと思います(それは覚悟の上)。でも、この位置に駒が来ると弓のミーティング・ポイント(弓がフォルテで音を出せる位置)が演奏者の体に近くなるので弓のコントロールもし易い、特にヴァイオリンを弾く人には。自分はこれより大きいヴィオラを通常使っているので試し弾きで良い音が出るポイントがいつもと違っていて意識して弾く位置をコントロールしましたが、明らかに本体420mmくらいのヴィオラよりは弾くのが楽です。
d0079867_2372443.jpg

裏板にはヴァイオリン用に取っておいた1枚板の奇麗なカエデの材料がギリギリこのヴィオラ用に足りたので慎重に気取りをしてこんな感じになりました。あと1mm横幅が必要だったらウィング(木の付け足し)ををつけるところでした。
d0079867_2441922.jpg

渦巻きはオリジナルの大きさを考慮して作ったのですがこのサイズの楽器にしてはちょっと大きいかな。。。Guadagniniはその点を考慮し渦巻きのモデルは用意しなかったのかも?ダイナミックな感じがするからいいけど、今度作るときはちょっと縮小しようかな、と。

そんな感じで今日は半日色々セッティングをかえて弾いてみました。バランスも取れているし低音もちゃんと出ている。特にG線、D線がふくよかに鳴ってくれて弾き応え感があります。このモデルの選択は間違っていなかったと確信しています。次のヴィオラもこれで行こうかと思います。
by shinop_milano | 2009-09-12 20:00 | 楽器製作

頭を垂れる稲穂かな

部屋の気温は26℃、湿度28%。秋晴れの心地よい日曜日。昼食後、自転車で外出。
今回はミラノの東部BaggioからSettimo milaneseにかけて出かけてみました。田んぼ、といってもここは陸稲だけど、もう稲穂は色を付けて頭をもたげていました。
d0079867_3373688.jpg

気持ちよくベダルをこいでいると帰りに携帯電話が無いのに気づいた!しまった、どこかに落としたらしい・・・ガ━━(゚Д゚;)━━ン!僕も頭を垂れています・・・
by shinop_milano | 2009-09-06 22:00 | ミラノ生活

夏休みの宿題と言えば・・・

2、3日前に家をで家を出ようとしたときに住み込みの管理人さん一家がやってきた。夏休み後久しぶりにあったので挨拶をすると、もう学校も始まるから忙しいでしょ?というと学校は2週間後からだけどまだ宿題が終わっていないのよ、とはなす。長女の女の子は小学校高学年くらい(学年は覚えていない)でやっぱり夏休みの宿題はそうか、と納得する。
夏休みの宿題と言えば僕の場合最も苦手だったものは読書感想文といえる。当時はそんな分厚い本を読むのは好きではなかったしさらにそれに文章を書かねばならないとなると頭が痛かった。当時(中学生頃)はあまり文学とかには興味は無かったしそれよりは数学とか理科とか「簡単に」問題の解ける「用意されたもの」の方が得意だったといえる。中学2年のとき苦し紛れに小説のあとがきを適当に圧縮、丸写しして提出したところ国語の先生に、よく書けているコンクールにだしていいか?といわれて素直に事情を説明すると、そうか、といって首をうなだれだせてしまった。今思うとそんな中からそのくらいの年でも感性が豊かで文章で表現が出来る素質のある少年少女達は見つかるのではないか、と思い読書感想文の肯定的作用について理解する。ちなみに、そのときに選んだ本のタイトルは『悲しみよこんにちは』by F.サガン。もちろん本文も読んだけど理解するにはちょっと幼かったように思う、我ながら。
それからしばらくして読書感想文に画期的なイメージ改革をもたらしたものがある。15年くらい前にフジテレビの深夜にやっていた『文學ト云フ事』という番組。文学作品のダイジェストを映画の予告編よろしく15分程度に映像化して紹介する内容であった。キャスティングには劇団系の俳優、女優などを起用していて個性的で、内容もこれなら読んでみたい、と思わせる演出が良かった。実際その中のいくつかの作品は読んでみた。番組では読書感想文も募集したりもした。(今ではSKY perfectTV!なんかでたまに放送しているらしい)。ともかく、大学生の頃にして読書感想文というものは意外と面白いのだなと認知したのであります。(文芸部なんてのはけっして帰宅部の代名詞ではなかったのだな、と反省しています)。
ということで、夏休みの宿題が終わっていない少年少女達、宿題提出期限までガンバレ!
by shinop_milano | 2009-09-05 20:05 | ミラノ生活

「ミラノ的ヴァイオリン製作の部屋」改め。埼玉に活動の場を移したヴァイオリン屋の徒然日記


by shinop
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30