ヴァイオリン工房は不思議の部屋 ★camera delle meraviglie★

shinop.exblog.jp ブログトップ

<   2009年 07月 ( 13 )   > この月の画像一覧

S. Polo d'EnzaにてSesto Rocchiの楽器展

パルマからアペニン山脈に向う途中、何度も話題に触れるカノッサに行く途中にあるサン・ポーロ・デンツァ(エンツァ川の近くにあるサン・ポーロって町っていう意味です)で仕事をするピッチノッティに呼ばれて3日ほど仕事を手伝いに行ってきた。丁度ご当地では楽器のマスタークラスを行っていてあわせて当地で仕事をしていたセスト・ロッキSesto Rocchi(1909-1991)の楽器展示を行っていていた、というのも呼ばれた理由である。
d0079867_20513313.jpg

ロッキにについて僕はよく知らなかったがピッチノッティに説明を聞いてなるほど面白い経歴の持ち主だとわかった。彼の二人いる娘の一人の旦那さんは前首相のロマーノ・プローディの兄弟だったのだ。プローディ兄弟は(7人くらいいるらしい)アマチュアの音楽一家らしく彼もチェロ(だったかな?)を弾くらしくLiuteriaのことにも興味があるようである。それでもって彼は今年2回目になるサン・ポーロでのマスタークラスのオーガナイザの一人でお父さんの遺産の楽器をたくさん持っている奥さんといっしょに生誕100周年と謳って展示会という訳である。
ロッキの自身の経歴も面白い。サン・ポーロ(ほんとうに田舎町です)から楽器の製作を学びにパルマの音楽院で製作を教えていたガエタノ・ズガラボッドのところで本格的に製作を学び始めその後ミラノのビジャック工房で経験を積みその後ヨーロッパの各所をまわりながら知見をひろめ最終的にサン・ポーロに戻ってきて楽器を作り続けてきた経歴をもつ。自宅には『ストラディウ゛ァリの秘密』の著書で有名なシモーネ・サッコーニも訪れにきたようである。
さて、展示会といってさほど大きくなく町の時計塔の部屋を借りて(この部屋というのは昔牢獄に使われていたものである)わずか十数台の楽器展示であった。
d0079867_2142020.jpg

多作家であったそうでモデルは色々使っていたようである。ビジャック工房でいろいろ凄い楽器をコピーしていたと本には書いてあるがそれをモデルにしていたのがよくわかる。展示の楽器はほとんど弾かれた形跡はなくおそらく持ち主がコレクションとしてこんな展示会をしつつ、これいいねぇ、と商談につながるのを待っているのではと思う。
小さな機会ではあるがご当地で現在仕事をするピッチノッティにいろいろ人を紹介してもらいまた説明もしてもらってよい勉強の機会であった。
by shinop_milano | 2009-07-31 22:00 | ミラノ生活

San Siro周辺

事故の補償関連の処理を依頼している弁護士のところに書類を提出しに行ったついでに近くのSan Siro周辺を自転車で一周。San Siroはミラノの郊外にある閑静な住宅地と競馬場、2つのサッカーチームACミラン、インテルのホームグラウンドMeazzaスタジアムで有名なとこです。

まずは競馬場入り口にあるレオナルド・ダ・ヴィンチ作の「馬」の像。
d0079867_20223259.jpg

初めて実物を見たけどこんなに大きかったとは。写真では大きさを認識するのは難しいと思うが奥にある等身大より大きい馬&騎手のポスターと比較して頂きたい。入り口の脇には鋳型などが転がっていてデザインに使ったであろう小型の像も飾ってある。いったいどうやってこんなでかいものの鋳型何ぞを作ったのだ?
続いて競馬場といっても「トロット」(速歩競争)の競馬場。
d0079867_2032859.jpg

向こう側にはMeazzaスタジアムがみえます。厩舎からは蹄鉄を打つ音が聞こえてきます。なのでSan Siroの周辺はちょっと馬の糞臭いです。
その反対をみるとツタの絡まるお屋敷。
d0079867_20333619.jpg

この周辺にはかっこいい60年代〜80年代くらいまでのモダン建築がたくさんあります。散歩するだけでもちょっとたのしい。
つづいてMeazzaスタジアムの入り口。
d0079867_20353429.jpg

月曜の午後の暑い最中イベントは無いはずなのに数組の観光客らしき人たちがいました。う〜ん、やはり「聖地巡礼」のファミリーか?(サッカーに興味の無いお母さんや子供にはいい迷惑かも)。そんな訳でチームグッズの売店は大々的にオープンしていました。しかし、でかいなぁ・・・
by shinop_milano | 2009-07-27 20:14 | ミラノ生活

惨敗、アレッチ氷河

この間スイスに行ったときに使ったスイス半額切符が今週末まで有効なので暑いミラノを抜け出してもう一度スイスの山に行ってみることにした。今回の目的地はアルプで一番長い氷河、世界遺産にも登録されているアレッチ氷河を見に行った。
d0079867_21343393.jpg

ミラノから列車でシンプロン峠を越えブリークへそこからツェルマットに向うのと反対側にゴッタルド-マッターホルン鉄道で30分ほど列車で移動するとフィーシュという町に着きここからロープウェーに乗ってエッギスホルンという山まで行くと真ん前にドーンと氷河が見える、はずだった。
しかし、スイスとの国境の町ドモドッソラのあたりから何やら空には黒い雲が。う〜ん、今日は天気悪いかも、と思いつつスイスに入った。上の写真はフィーシュのロープェー乗り場の前の地図。このときはまださして天気は悪くなかった。ロープウェーにはドイツ人の観光客ばかり、なんせここはドイツ語圏だしね。日本人観光客は僕ともう一組の関西から来たらしい奥様方のグループだけだった。
ロープウェーに乗り登って行くに連れて雲が近くなり霧が濃くなる。途中乗り換えの駅ではもうガスっていて前はよく見えないし涼しいを通り越して寒い。そして頂上のエッギスホルンに着いた。こんなです。
d0079867_228117.jpg

何にも見えなかったです。久しぶりに行楽晴れ男ぶりを覆されました。(T_T)
一応ここの最高点エッギスホルンの頂上方面に行ってみることにしました。目の前には晴れていれば写真の下のような景色が見られたのですが残念です。エッギスホルンの頂上に行くには岩だらけの道があるのだかないのだかわからないようなところを行かなければいけなかったのですがまだ雨も降っておらず幸い視界8mくらいはあったのでがんばって行ってこられました。でもこれ以上天候が悪かったら足を踏み外して谷底に滑落してもおかしくないところでした。おまけに僕の他には誰もおらずはっきり言って怖かったです。大雪山で遭難して亡くなった最近のニュースが頭をよぎりました。山はなめてはいけないことを心に留めました。
あまりにも寒いのですぐに戻り展望台のガラス張りの部屋の中でいくらかでも天気が良く鳴るかなと思って待っていたのですがいっこうによくなりませんでした。今回は気合いが足りなかったのかな・・・
当初は氷河沿いの遊歩道を歩いてゆくつもりしたが、何も見えないし危ないようにも見えたのでまだガスの薄い山を下る方に向って歩いて降りて途中乗り換えの駅までハイキングに切り替えました。山を下るに連れてガスも晴れて来て見晴らしが良くなってきました。こんな感じに。
d0079867_2154558.jpg

頂上の天気が悪かったせいか今日は観光客も少なく数人としかすれ違いませんでした。人がいないという点では自然を独り占めしているみたいで気持ちがよかったのですがだんだん下に下ってゆくとな〜んかまた天候が悪くなってきてとうとう雨が降ってきました。あちゃちゃ〜。
まだ降ったり止んだりな状態だったのでまだいけるかなと思いちょっと休憩した後、もう1時間歩いてベッテンという別のロープウェーがある集落まで歩いてゆくことにしました。しかし、30分ほど行くとまた雨が降ってきて今度は風を伴って結構強く降ってきました。靴下、ズボンの裾までびっしょり。となりで草を食んでいた牛くんたちには雨も関係ないようでしたがぼくは急いでロープウェー乗り場まで行くことにしました。う〜最悪。
d0079867_223036.jpg

という訳でそのままロープウェーに乗って麓の鉄道の駅に着きミラノに帰ることにしたのですが、このときドモドッソラで接続のミラノ行きの列車のホームを間違えて乗り遅れ。ああ、今日はついていない1日だった・・・
by shinop_milano | 2009-07-23 22:27 | ミラノ生活

メルカート・スイーパー

久しぶりに毎週水曜日に立つVia Vespri sicilianiのメルカート(市場)に足を運んでみた。
このメルカートそんなに大きくなく、小さくないのだが場所的に地味なメルカートである。ここ2、3週マッサージに通う為午後2時過ぎにここを通ることがあったのだが、なんと何人かのおばさん(どちらかというと生活水準のあまり高くない)がそれぞれのお店が捨てて行った野菜、果物などを拾ってまわっているではないか。僕は自転車を走らせながら見ていたが意外にまだ食べられそうなものが落として行ってあり、ん〜来週は僕も来ようかなぁ、と思わせる状態でした。なるほど、これも生活の知恵か・・・。
たまたま郵便局に振込に行く用事があったのでそんなことも念頭に置きメルカートに足を運んだのである。今日の収穫はオレンジ(赤くない)2kgで1,20ユーロ。そんなに日持ちしないだろうから午後には搾ってspremuta(生絞りジュース)をにして頂くとしよう。
by shinop_milano | 2009-07-22 14:30 | ミラノ生活

PeridotRadioーJpopのインターネットラジオ

最近見つけたJpopメインのインターネットラジオ局、PeridotRadio。
インターネットラジオの日本のポップ・ミュージックだと圧倒的にアニメ・ソングが多いのだけどこのステーションは70年代後半から80年代ポップをメインに流しているのです。渡辺美里、wink、小林麻美、アルフィー、斉藤由貴、小泉今日子、山口百恵、尾崎豊、CCB、松田聖子、原田知世、中森明菜、レベッカ、サザン、Hi-Fiセット、矢野顕子、薬師丸ひろ子、などなど。聞き慣れた曲も、忘却の彼方に行っていた曲も結構ランダムに選曲されていいて結構僕のツボにはまっています。そいうい今もこのステーションにアクセスしながら書いています。
アクセスは
こちらからこのステーションを探してください。HPはこちら。windowsには専用のプレーヤがあるようだがmacユーザな私はブラウザ経由で聴いています。

それにしても結構イントロだけではわからない曲って多いなぁ〜。今これらをきくとよく出来た曲も、そうでない曲も面白いっす。それと歌手の歌唱力に関わらずキャラクターの特徴濃過ぎ!西城秀樹の面白さを再認識しました(笑)。

[追記]iTunesではメニューから「ストリームを開く」で以下のURLを入力すると再生できます。
http://pi-peri.ddo.jp:10200
by shinop_milano | 2009-07-20 23:47 | 雑記

ひさしぶりにサイクリング

久しぶりにサイクリングに出かけました。17時過ぎにも関わらず何となく運動不足だったので・・・
d0079867_22564597.jpg

今回はNaviglio Grande運河沿いに南に下りTrezzano sul Naviglioといういう街で南に向い田園地帯を走ってきました。脇に見える水田はまだ稲が若です。所々に湖というか、大きな池があり平地なので何となく風景はずいぶん前にいった磐梯山の近くのような感じでした。ここもサイクリングマップに乗っているところなのでサイクラーとよくすれ違いましたが、所々にあるカッシーナ(集団農場)ではレストラン(というか簡単な食堂だね)をやっている所もあって昼時だったらそこの美味しいものを食べられるのでしょうが如何せん時間が遅過ぎた・・・。
とりあえず当初の目的通り1時間したら引き返すということにしました。
by shinop_milano | 2009-07-19 22:55 | ミラノ生活

オイルニス

現在、塗装中のヴァイオリン。今回は某オイルニス・サプライヤーのものを調達して試してみました。
最初はそんなに安いものではないので(少なくとも私にとっては)半信半疑で試してみることにしました。まだ塗装途中ですがこんな感じです。
d0079867_5585596.jpg

使ってみる前に使い方、塗装の手順、商品開発(研究)過程などを読んでみて、そして実際に使ってみて目から鱗が落ちた思いです。なんと世の中のヴァイオリン屋は勉強していなかったことか!と。というのは塗装の方法についてはもうルネッサンスの時代よりも前にあったのです。そして楽器屋以上に絵を描く人たちには「普通」だった訳です。オイルニスは乾くのが遅い、というのはウソではないけどそれを強調するのはやり方が良くなかったからです。もしそうだとしたら油彩画という絵画技法はこんなに一般的にはならなかったでしょう。今回は既に「準備された」ものを使ってみて、また手元にある絵画技法書などを読み返してみてとても勉強になりました。自分でもまだよく整理はついていませんが勉強代だと思ったら安い買い物だったと思える結果です。

ということで今気づいたこと。
☆楽器製作は十分にアートの一つである、と久しぶりに再認識した
○アート(芸術)というのは結果はもとより過程(ストーリーといってもいい)も大切だ
○楽器作りは楽器だけを見ていてはだめだ。楽器とものを作るということの本質がわからないことになる
○いろいろやり方はあるが絶対的に正しいやり方は無い。思考錯誤で自分の方法を探すべし。

今回の塗装のテストや自分なりに裏付けを探すのを一週間くらいやっていましたが良い刺激になりました。これをもとに自分の工夫を加えて自分の方法を編み出してみたいと思います。
by shinop_milano | 2009-07-15 20:00 | 楽器製作

笹の葉ラプソディ

このタイトルでピンと来た方はアニメファンでしょう。
最近始まった『涼宮ハルヒの憂鬱』の第2期アニメシリーズ、角川アニメがYouTube上にも配信しているのでしっかり見ています。ちょっと(けっこう?)前に何やら話題になっているので3年前に放送された第1期テレビシリーズを動画配信上で見てみたらあまりの面白さ、というか演出のウマさにはまって今回はじまった新作を楽しみに見ています。見て知っている人には説明は不要でしょうが、第1期のエピソードのランダムな順番構成、随所に入ってくる別のアニメのパロディ、隠されているシンボリズムと謎解きの鍵、斬新なSFのアイデアと僕ら世代が見ても何となく時間をフィードバックさせる学園ストーリなどなどキャラクターの一コマ一コマとセリフ、一挙手一投足に目が離せません(最初、理解するのに3回ぐらい繰り返し見ました)。
で、3年ぶりに新作となった『凉宮ハルヒ』の最初のエピソードのタイトルがこれなのですが最後のオチもすごかったけど七夕の日において笹の葉に願い事を掛けるところのセリフは面白い。七夕の織り姫と彦星はそれぞれこと座のヴェガとわし座のアルタイルなのだがそれぞれ地球からの距離は16光年と25光年の距離がある。特殊相対性理論に従えば光より早く物質は進めないから地球から願いが届くのは最低でも16年かかるという訳だ(仮に神様が片道分の時間を割引サービスをしたとしてもだ)。ということでキャラクター達は16年後、25年後に向けて短冊に願い事を書くのだがもしそうだとすると16年前に掛けた願が今年叶うかも?さて、二十歳の七夕に掛けた願は何だったことやら?、とふりかえさせてしまうところの演出がウマいよ!
そんな訳で今日は七夕、なんと『凉宮ハルヒ』のHPでは特別に願掛けの短冊が用意されている。おそらくこの凝った演出は7月7日限定のものだろう。短冊は2つ16年後用と25年後用が用意されている。あなたなら何を書く?
ついでながら今進行中のエピソード「エンドレスエイト」は劇場板『うる星やつら2 ビューティフルドリーマー』を彷彿とさせます。ああ、高校時代の夏休みや学園祭前日が永遠に終わらなかったらどんなことか!
by shinop_milano | 2009-07-07 09:21 | 雑記

ローマの松、ぼっくり

週末にローマに行ってきました。
というのは、参加しているアマオケがローマのAccademia Filarmonica Romanaとのコラボレーションでご当地にてコンサートを行うことになったからである。あまり乗り気ではなかったのだが足代と宿代はでるということでお金かからずローマに行けるということで参加することにした。それ以上にヴィオラのメンバーが僕以外に2人しかいなかったこともある。
ミラノーローマ間の距離はおよそ600kmである。電車だと最短で3時間半だがお金を出す財団も貧乏なのでみんなでバスに乗って行くということになった出発は土曜日の朝10時だったが案の定高速道路は渋滞、結局ローマに着いたのは二回の休憩を挟んで19時過ぎ。窓からみえる風景もよかったがそれ以上に結構疲れました。
コンサートは実は野外で21時に始まると聞いていたのだけど実際に始まったのは22時ごろ。野外ステージといってもロサンゼルスのハリウッドボールのような反響板は無く、おまけに湿度も高く過酷な演奏環境であったが大きな事故も無く(風で譜面が飛ばされて演奏者が拾いに走るといのは日本では大きな事故かもしれないがここでは些細なこと)、無事終了。そのみんなレストランに食べに行って3時まで飲み食いしていたというからすごいよ。僕はホテル同室のアントニオと軽く食事ということでサンドイッチ屋に走ったけど。。。
泊まったほてるはヴァティカンのすぐ近くにある教会経営のホテルで松の木がたくさん生えている。バスでミラノに向けて出発する前に散歩しているとたくさんローマ松の松ぼっくりが落ちている。しかもまだ松の実を付けているものがいくつかある。チェロ弾きのバルバラ(アメリカ人の未亡人)と物珍しがって拾ってまわってしまった。で、これがその松ぼっくり。
d0079867_21365797.jpg

それぞれのカサの先に見える白いものは松ヤニです。ぐっと握ってしまうと手が松ヤニだらけになってしまう。松の実は大きくこの殻をむくとやっと中の実がでてくる。ローマ生まれのチェロ弾きフランチェスコは、こうやって殻をむくんだ、と石を使って上手に中身だけ取り出していた。下手をすると全部粉々になってしまう。家に帰ってから自分も注意深く殻を打ち砕いて実を取り出してみました。5セントユーロのコインの脇の白い粒がそれです。食べてみると、今ひとつ香ばしくない。ちょっと古かったのかなぁ。
この松ぼっくりを部屋に置いておくと松ヤニの匂いがほのかにしてきてインセンス代わりにいいかも。
by shinop_milano | 2009-07-06 21:44 | ミラノ生活

スイスの谷−その4

氷河期が終わって後退した氷河のあとに残ったのがスイスの谷と聞きました。なので山は高いのに地層は古く、拾った石を砕いてみると中から化石がでてきそうで(実際それらしいものもあったけど)太古の時代を連想させるようでした。
d0079867_19284052.jpg

写真はベルニーナ急行Alp Grum駅の上からイタリア方面を望む景色です。ここから向こうはイタリア語圏、ずっと向こうにポスキアーヴォ湖(まだスイス圏内)が見えます。こんな風景を見ていると宮崎駿がアニメに描く世界を思ってしまいます。70年代に制作された『アルプスの少女ハイジ』やその後の『ルパン三世カリオストロの城』、最近では『ハウルの動く城』までアルプスの山々の描写力はすごいなぁと。『ハイジ』ではあの時代にスタッフがわざわざ現地にロケーションに行きとことんアルプスのリアリティを表現するのにこだわったと聞きます(お陰でいまだに『ハイジ』はmade in Japanであることを信じないイタリア人がいまだに結構いる)。僕たちテレビアニメ世代はそんな映像をみて育った訳だからはじめて現実の山々を見るとその実物スケールとアニメの表現力の両方に感心してしまいます。なるほど、スイス観光のリピーターが多い訳だ。
by shinop_milano | 2009-07-04 20:00 | 楽器製作

「ミラノ的ヴァイオリン製作の部屋」改め。埼玉に活動の場を移したヴァイオリン屋の徒然日記


by shinop
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30