ヴァイオリン工房は不思議の部屋 ★camera delle meraviglie★

shinop.exblog.jp ブログトップ

<   2009年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧

病室のBuon compagno

一般外科の病室は二人部屋だったので僕の隣にはいつも別の患者がいた。病室ではお互い体が不自由だと助けてくれたり、暇つぶしに世間話などをしたりするものです。部屋の移動やそれぞれの入退院のため度々入れ替わりがあったのだが僕の隣にいた3人を紹介。

一人目はアルフレッドさん、76歳。最初に一般外科病室に移った最初の部屋にいた方だ。
60歳で年金生活をする前まではトラックの運転手をしていたとのことでCorriere della Sera(ミラノにある新聞社の新聞)運送を主にやっていたらしい。なので雨の日も雪の日も濃霧の日も、しかも今のように高速道路が整備されていないころにも毎日トラックを走らせていたらしい。無事故無違反だったのを自慢にしていたが、定年してすぐに心臓動脈に問題があってバイパス手術を受けたとのこと。今回はその手術したバイパスが詰まってきたのか具合が悪く検査の為に入院しているとのことだった。15種類の薬を順番を間違えず朝夕に飲んでいるとのことだが、僕がいるときに看護士が薬の順番を間違って渡したらしく具合が悪くなり怒っていた。
ちなみにその脇で僕はCT、レントゲンの撮影にゆく前に閉じた肺の排液の管を看護士が開け忘れてものすごく呼吸が苦しくなった。看護士呼んで、なんかおかしいんだけど、と言っても見えるところを一通りチェックして、問題ないよ、といっていたのだが結局排液の管が折れたままでこれが悪さをしていたのがわかった。おい、しっかりしてくれよ、といいたかったがアルフレッドの場合をみても同様どうもイタリアでは全部他人任せというのはまずく自分でもちゃんとチェックしないと行けないらしい(日本の病院でも同じだろうけどね)。

二人目はジャンニ、34歳。僕が部屋を変更になってほぼ同時にやってきた。
入院の理由は昨年7月に結石で体に異変を覚えたがそのときは薬で何とかなったらしいが昨年11月になって結石がどうも膵臓のあたりを圧迫するらしく結局手術して取ることになったとのこと。手術はエンドスコープを使うので二泊三日の入院で済むようだ(僕の盲腸のときと同じパターン)。彼は未婚で入室のときにはお母さんにつれられてやってきてタリアにありがちなちょっとマザコン気味の様子と育ちの良さを見せていた。見た目同世代ということもあって話してみるとどうやらエンジニアということで元理科系の自分としては話しのきっかけがつかみやすかった。そんな彼だが一つ気になったのは彼の仕事の同僚が彼のお見舞いにやってくるとみんな深刻な顔つきと声のトーンが低いのだ。例えば「6月間の雇用は確保したけどその後は・・・」とか「ぼくもクリスマス開けには履歴書を送らないと・・・」という具合の話しが聞こえてくる。あとで彼に聞いてみたらなんと彼らはミラノ市内にあるリナーテ空港で働くアリタリア航空の社員であるという。話しを聞いて納得である。彼自身も例外でなくクリスマス休暇後は身の振り方を考えねばと言っていた。部外者としては新聞紙上でアリタリアがどうなるかいろいろ世間を賑わしているうちに組合の内部では社員リクルート先を検討したり色々動いていたらしい。この辺は日本の組合とずいぶん違うなぁ、と思った。もっとも組合の、システムや組織力が違うから納得だけど。
ともあれ彼は予定通り二泊三日で退院して行った。部屋を出るときにはメールアドレスの交換にも応じてくれて、退院後の検査のときにも僕の部屋に立ち寄ってくれる親切さを見せてくれた。

3人目はジュゼッペさん、67歳。
彼も結石の為入院だが今回は検査からということで手術の予定は未定だがおそらくジャンニと同様の手術を受けるだろうとのことだった。ちょっと頑固そうに見えるおじさんだった僕がまだまだ動くのに不自由な様子を見せるとがいろいろ気を使ってくれて親切な方だった。何でも定年前はENI(イタリアの石油会社)に勤めていてイタリア国内はくまなく営業で廻ったといっていた。今回は検査のため入院中は食事ができず、その反対に僕はずいぶん具合も良くなってきてとにかく食べて栄養取らねば、とばかりだったので食事の時はちょっと気兼ねしながら食べていたのでした(夜中にミカンを食べに部屋の外に行ったりしたりして)。彼はタイミングが悪かったようでクリスマス前に入院した為ドクターが少なかったのか検査の段取りが悪くすぐに手術と行かなかったようである。僕の退院の日にあさって手術できる(ドクターがいる)ならこのまま入院だが間が空くようなら一度家にかえるという状態だった。結局どうなったのだろう?

3人に共通して言えるのは僕の仕事がヴァイオリン作りだというと興味津々だったことである。日本人でもそうだがどうもイタリア人でも状況は同じである。そういう点においてはLiutaio(弦楽器職人)であることは便利だぁ、と再認識したのでした。
by shinop_milano | 2009-01-24 09:14 | ミラノ生活

カノッサ銘菓 スポンガータ

入院中のお見舞いに頂いたもので一番珍しかったもの。
それはレッジョ・エミーリア地方のクリスマスお菓子スポンガータSpongata。ご当地に住むマエストロが持ってきてくれた。イメージ写真は、これ。(僕がもらった実物とは違います)
d0079867_2132195.jpg

どういうお菓子かというと、中にアーモンド、干しぶどう、松の実、胡桃、砂糖漬けのドライフルーツ、ナツメグなど(つまり材料たくさんだね)にビスケット、蜂蜜でまぜて作った具がはいっていて、それをケーキ生地で焼いたお菓子のようです。何がすごかったって中の具がいままで食べたことの無かったような味わい。しかも純手作り風味。
それを証拠に袋には手書きで材料や賞味期限を書いたコピー紙が張ってあった。まさしく小さいお菓子屋さんの手作りの証拠。しかも、すごく読みづらい。

後になってすっごく美味しくって気に入ったよ、という話しを贈り主にはなすとそのお菓子のストーリを話してくれた。このお菓子は「カノッサの屈辱」で有名なカノッサ城(神聖ローマ皇帝ハインリッヒ4世が雪の中懺悔して教皇グレゴリウス7世に破門の許しを乞うた場所)の城主でトスカーナ公カノッサのマティルダのお気に入りのお菓子だったらしい。日本でいえば平安時代に遡ることになるかな。ちなみに、このカノッサのマチルダというのは世界史の教科書にも出ているこの有名な写真の右側のお方。調べてみると外交手腕巧みな女領主さまだったようだ。
d0079867_21533033.jpg
このスポンガータはクリスマスのお菓子だそうだが実に手が込んでいるらしい。なんと準備するのに、40日ほど掛かるとのこと。しかもちゃんと作るとたくさん作れないから作る量も多くないらしい(このお店だと20〜30くらいといっていたかな)。だから季節限定度が高い(日本のお菓子の季節限定とは意味が違ね)。その手間の大部分は中の具作りだそうだけどさすがはエミーリア・ロマーナのこの地域は食べるものについてのこだわりはすごい。
いま日本の「伝統的」お菓子なんていうのを見ても妙に見栄えも良くという洗練されすぎた感がありしかもしっかり保存料なんかを使っているが、僕がもらったものは手作り感120%で洗練されていない見かけだがほかにはどこにも無い自然な味が何ともよかったです。
by shinop_milano | 2009-01-19 12:00 | ミラノ生活

数学1 51点、物理64点

ついでに数学1、数学2、物理もやってみた。もちろん一切予習なし。

数学2は途中で中断した為採点外だけどはっきり言ってできなかった・・・(T_T)。
数列と三角関数とベクトルの公式など忘却の彼方でした。

数学1は幾何学の問題ができず大きく失点。確率の問題も簡単な勘定を間違える。
物理は意外と計算させる問題が無くて直感的に対応できたが、いくつかの物理法則は忘れていることに気づく。量子物理は今は範囲外なのか?

いずれにしても記憶を呼び戻すのにはかなり時間がかかりました(戻せないものが多かったかな)。まぁ、半分以上できたということで良しとしたい。
しかしこれらの問題イタリアの高校生は果たしてどれくらいできるだろうか?試してみたいものだ。
by shinop_milano | 2009-01-18 20:00 | 雑記

英語 130点

今日は日本では大学入試センター試験の1日目だったようなので時間もあることだしと思い十数年ぶりに「まじめに」(ちゃんと時間も計ってね)英語の問題に取り組んでみた。もちろん、予習なんかしてないです。それで200点満点中この結果。
ン〜、150点くらいはいくかと思ったけどなかなか・・・ああ、でも後半の読解問題を後3問外さなければ、などと悔やんでも仕方ないが昔より文章は読めるようになったかも?と肯定的にとらえたい。でもこれ80分でやるのは結構厳しい(昔は90分じゃなかったっけ?)。
問題解き終わったらお腹減ったし腕も疲れました。受験の試験てエネルギー使うなぁ、と17、8年前を顧みる今日この頃です。

もし、イタリア語が科目にあったら怖くて挑戦できないなぁ・・・
by shinop_milano | 2009-01-17 16:00 | 雑記

魔女と浣腸

病院お笑いネタ第2弾。入院中ある意味一番苦しかった1日。お食事中の方は食後に再来していただくのをお勧めする。

入院5日目、前日の夜に集中治療室から一般外科病棟に移されて迎えた朝。内科のドクターが診察にやってきた。そしておなかを触診したときに気になったらしく、いわれる前に自分から、
「便秘症で入院してから出ていないんです・・・」
と説明した。
イタリアの病院食は、もう3回目の入院だからよく知っていたのだが、とにかくたくさんでてくる。レストランみたいにプリモ(パスタ、ニョッキ、リゾットなど炭水化物メニュー)とセコンド(肉や魚、チーズなどのタンパク質メニュー)に加え付け合わせで野菜類とデザートで果物が一食分で昼食と夕食にやってくる(ちなみに朝は軽く、ビスケットとカフェラテという具合)。消化器系は全然問題なかったので毎食けっこう食べていたからおなかの中に排泄物がたまるのは当然。
それを悟ったドクターは
「それじゃあ・・・」
と言った。「・・・」がなにかすぐには理解できなかったが予想できた。
しばらくして看護婦のおばちゃんがやってきた。しかしこのおばちゃんがすごい。齢50過ぎ。絵本に出てくる魔法使いのおばちゃんそのものでデプッとしていて脚は短く5頭身くらいかな?しかも爆発したソバージュのような髪型はピンクに染めていて目つきは怪しい。しゃべる言葉はいかにもイタリアの教養のないおばちゃん言葉でそれが魔女度を高めている。白衣を着ていなかったら本当に魔女だよ。ああでも、言葉で形容するのは難しい。
そんな魔女、いや看護婦が何やら太い「筒」と「フライパン」を持ってきた。
「じゃあ、やるよ」
と先が三角形にとがった「筒」そう、浣腸器をみせる。
「え、こんな大きいモノなんですか!?」
と頭の中で思う。だって、直径8cm、長さ30cmくらいの注射器だよ。イチジク浣腸とはスケールが違う。先っぽは円錐型だし。
彼女はサッサとシーツをまくり上げ「フライパン」、これは病人用のおまる、をお尻の下に挿入した。準備完了だ。
「脚を開いて・・・」
といい、
「チョットまって・・・」
とぼくが説明を求める隙もなく、ブスッ。さっさと打ち込まれてしまった(涙)。

あのババァ、と思いつつ確かに楽になるだろうからガマン、ガマンと思っていたがなかなか出ない。寝ながらオマルをお尻の下に挿入されると腸の向きは重力に逆らうのであろう、なかなかいいように排泄物は流れてくれない。そして何よりも折れた肋骨が痛くて踏ん張れない。おなかは徐々にキュルキュルしてきたが如何せん一気に出る気配がない。脚を開いて腰を浮かしているのでだんだん疲れてくる。ようやく少し出たと思うと疲れちゃうので看護士/婦さんを呼んで処分してもらいお尻を拭いてもらう。先にも書いたがこのプロセスはお互いに嫌なものだろう。なのでなるべくぼくも一気に済ませたかった。
しかし問屋はそうは卸さず、浣腸はじわじわ効いてくる。オマルを取りちょっと排泄してリラックスすると次に控えていた一団が前に進んでくる。そして何となくまた便意をもよおしてオマルを呼びスタンバイするのだが、いざお尻が浮くと便意を損なわれる。そしてしばらくあまり入らない力をお腹にいれて頑張る。これがこの日だけで数回続いた。看護士/婦たちも、この日本人はまったく・・・、などと呆れたのではと想像する。

一番の難所だったのは昼休み前、お見舞いに同居人のRくんと同じ製作学校に通うTさんがやって来たとき。便意がやって来たので「ごめん、ちょっと」と席を外してもらい頑張っているとそこにいつもお世話になっているPマエストロがやって来た。幸い(?)ちょっと出たところで便意が引っ込んだでこの体勢をこらえて部屋に入ってもらった。すぐ帰るのだろうと思っていたが彼はその日は話し好きが高じて1時間半くらい居座ったのであった。その間ぼくはお尻の下にオマルを挟みっぱなしで脚を開いている。なので当然脚は疲れてみんなが帰る直前は両脚がプルプル震える始末。この間はなるべく「出ないように」気を遣ったので精神的にも疲労困憊。本当に疲れた一日でした。その後午後になって一通り腸内が一掃されてめでたしめでたし。

ともかく、身動き出来ないで用が足せないというのは、かなりつらいです。今でこそ笑って話せるけどね、ははは。
by shinop_milano | 2009-01-16 05:29 | ミラノ生活

超音波診察は寝技をまじえて

入院お笑いネタシリーズ第1弾。
入院二日目だったか三日目だったか集中治療室にてドクターがインターンらしき助手の女医さんをつれてやってきた。何でも今もって来た超音波診察機を使って臓器の様子を見るとのこと。大学のときの先生で超音波を使った医療方法を研究していた先生がいたので何となくどんなことをするのかはすぐ頭に思いついた。大きいひげ剃り機のようなハンディマシンを皮膚の上に当てるとそこから発する超音波の反射を測定して体の内部の様子が分かるというものだ。つまり、体を切らずに体の内部が大雑把に観察できる。

このときにはまだちょっと動いただけで激痛が走っていたころである。測定にはベッドから上体を起こし右腕をあげて右脇腹を見せる開ける必要がある。僕の気持ちはネガティブである。
装置をモニターにつないで僕の体にローションを塗り始める。ドクターは50歳くらいの声が高い歯切れのいい感じだがあまり二つ以上のことはいっしょに考えないであろうと思われる方であった。まずは簡単な胸の辺りから始める。装置を当て動かしながらドクターと助手はモニターをみている。「これが肝臓で、その隣は・・・」などとドクターは説明はじめた。ひょっとしたら僕は教材?2人は計測器を動かしながらモニターをずっと見ている。僕も見たかったけどなぁ・・・
「じゃあ、背中の方から見てみよう。上体を上げて腕動かせる?」
と質問してきた。とうとう来た・・・
「痛くて動かせないし、鎖骨折れているから腕あがらないです。」
とこたえる。しかしこんなのはあまり意味をなさない答えなのは重々承知の介。
「じゃあ、僕が腕をまわして上体を起こしてささえるから。」
とドクターは上半身前側から腕を背中とベッドの間に入れてスペースを作りその間に測定器を入れてきた。う〜痛たたたたー。2人はモニターを見ている。このときは肺にたまった血液がや傷ついたところがどんなだか見るのがメインの目的だったろうから彼らに取っては重要なところだったのだろう。しかしその間僕の顔面、鼻の先にはドクターの脇の下がある。しかもちょっと、いや、けっこう臭う。こちらのドクターや看護婦は下着の上にダイレクトに診療・診察用の白衣や緑衣(というのかな?)を身につけている。薄着である。
「はいじゃあ、大きく息を吸って!」
え、うそ、この状況で?大きく息をしろといってももともとできないが頑張って中くらいでやってみる。つ〜ん、と鼻にくる。ちょっと自粛させてもらいたい気分になる。
「はいじゃあもう一回!」
ゔゥゥ〜〜と息を吸う。ああそういえば中学校の体育で柔道のときに腋臭の強いやつは寝技は有効に使えるぞと縦四方固めか何かの技をを習ったなぁ、と思い出した。そんことはよそに相変わらず2人はモニターをみてレッスン&診察中である。
「もっと大きく息をすって!」
今の肉体的にも精神的にもこれが限界です〜、と言いたかったが僕は最善をつくした、つもりだ。柔道で寝技は30秒で放してくれるが、この場合は明らかにその10倍くらいはあった気がします。

背中の痛さと腋臭にがまんんして診察終了。興味本位もあって
「この機械は日本製ですか?」
と聞くと、
「いや、ドイツ製だよ。東芝のは高くてね・・・」
ということでした。
by shinop_milano | 2009-01-11 07:21 | ミラノ生活

病院の中で

最初に救急手当と検査を受けて運ばれたのは外科の集中治療室でした。痛さで身動きできなかったし、体には酸素吸入、排尿、肺の排液の為のカテーテルや点滴がつけられていたベッドでは寝返りも打てませんでした。救急車の中で衣服はすべて切ってぬがされていてシーツを敷いたベッドの上に裸でシーツを上から掛けられてという状態が一般外科の部屋に移るまで1週間くらい続きました。
ちなみに、最初に集中治療室で目を覚ましたときは「見知らぬ天井」を見て「ここはどこ?どうして自分はここにいるの?なんで?」と思うよりまずは頭が空白でした。そして、現実を否定したいけど受け入れる感覚。病院の病室の天井を見て記憶を遡らせてみて『新世紀エヴァンゲリオン』の第2話を思い出しました。シンジくんのあの入院シーンは体験した人じゃないと思いつかない描写だょ〜、うまくできている。

眼鏡がなかった(事故で吹っ飛ばされてしまった)のでド近眼の僕は周囲が何も見えず手も自由に使えなかったのでお世話はすべて看護婦と看護士さん頼みでした。朝6時に検温と血圧の測定で起こされて、再びまどろむと8時ごろにシーツの交換と体を洗いに看護婦がきます。ほんとに寝たきりなのでシーツを剥がされるとスッポンポンで体のすみずみまで石けんのついたスポンジで体を洗い、それまでのシーツで体を拭いてベッドのシーツを取り替えます。こちらは「まな板の上の鯉」何も抵抗できません。排尿の為のカテーテルが「あそこ」に挿入されているので股間もよく拭かれるのです。幸いにもアレコレ考える余地がなかったので羞恥心も何もありません。なすがまま、キュウリはパパ状態。動けないというのは無力なのを実感しました。
でもこれって、体の不自由な老人医療の現場や重度の身体障害者の現場では日常茶飯事な訳ですよね。世話をされる側もする側も男だとか女だとか羞恥心なんかを超えてお互い接しなくてはいけないというのを自ら体験すると今の日本の介護に対する問題は深刻なものだと思いました。
じつはイタリアの病院ではたくさんの外国人が働いています。先生と呼ばれるドクターだけでなく、看護士/婦、掃除のおばちゃんまでです。言葉の訛からは南米や東欧の出身であることが思い起こされましたし、明らかにアフリカ出身の黒人のひともいました。イタリアも他のヨーロッパ諸国とおなじ移民を受け入れてるのでこんなところでもおおくの外国人が働いています。いや、むしろこんなところだからこそ外国人は多くいるようにも思いました。むかし佐々木倫子の漫画『おたんこナース』で看護婦の仕事は「3K」どころか「9K」とあったなぁと思い出します。日本でも将来は外国人看護士が、というのが話題になっていますが、もしそうなったとき、いや、そうならざるを得なくなったとき日本人は簡単に受け入れられるかと思いました。それは来る外国人が日本に適応するようになっても彼らに日本人が適応できるかということです。日本は世界で見たら特殊な国民性の国です。国民性が国際的であるとはまだまだ言えないと僕は思います。これから日本はどうなるんだろ・・・
いずれにしても近い将来(すでに?)僕らの世代は高齢者の介護を含め社会のなかでも大きなところを支えてゆかなくてはいけないと思います。こういう機会をもって日本の将来の問題を病院のベッドの上でちょっと深刻に感じました。
by shinop_milano | 2009-01-08 20:00 | ミラノ生活

「ミラノ的ヴァイオリン製作の部屋」改め。埼玉に活動の場を移したヴァイオリン屋の徒然日記


by shinop
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31