ヴァイオリン工房は不思議の部屋 ★camera delle meraviglie★

shinop.exblog.jp ブログトップ

<   2008年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

救急車の中で、そして見つかるまで

何かが僕の背中に追突したとき、その場で倒れてものすごい激痛を伴って道路に倒れた。次の記憶は救急車の中でそれまでの記憶は思い出せない。来ていた衣服を切られて救助を受けていた。「背中が痛い・・・」とか「ここはどこ?」といったことを救急救命員に聞いたような気がするがよく覚えていない。そんな中で、自分が事故に遭ったんだ、ということは理解できた。そう認識したくなかったけどそう認めざるを得なかった。

呼吸が苦しい。ここはどこ?もしかしたら病院の中?
最初はああこのまま障害を持つようなら死んじゃった方がいいかもなぁ、と頭をよぎった。あるいは既に危ない状態なのでは?ちょっとだけ死を覚悟した。しかしそう思ったとき体のどこが動くか確かめていた。

脚?両方動く。
左腕と手?動く。
右腕?あれ、あがらない。でも右手の指は動く。肘も曲がる
首?左右に動く。
背中?激痛!

手足が動くのを確認してどうも生き残ってもまだ楽器を作ったりできそうだと思った。そして、ここはどうも僕の死ぬ場所じゃないようだ、と思いついた。時代小説のようなセリフだけど本当にそう思った。神様がまだ生かしてくれたのかもしれない。別段信仰心が厚い訳ではないがまだ僕に生きろと言っているのかも、と思ったときまた普通の生活に戻りたくなった。また家族や友人たちに会わなくては、とも思った。このとき何か体に、あるいは心にスイッチが入ったのかも?

当初は1月くらいの入院と言われたが2週間で退院できた(完治じゃないけど)。骨の折れ方がよかったのかもしれないが正直、自分でも回復力に驚いている。集中治療室にいるときは想像もできなかった。幸い鎖骨も手術なしで済んだ。脊椎から左側は無傷でそれも運が良かった。

偶然かもしれないが信じたいいくつかの事実。
事故に遭ったとき、背負っていたリュックにはネックや横板を作る為の材木が入っていた。もしかしたらこれが緩衝材になったのかもしれない(あるいは悪く作用した可能性もある)。ヴァイオリンの神様に助けられたのかも?
事故に遭った日、それは3年前に亡くなった東京で一緒に楽器を弾いていたある友達の命日だった。ついこの間日本に帰ったとき彼の仏前に手を合わせてきたばかりだった。もしかしたらこの日だけ彼が力を貸してくれたのかも?
みんなが僕を捜索中のとき、カトリックの友人(日本人)がミサのときにシスターたちに僕のことを話したところみんなでお祈りを捧げてくれたらしい。そして彼の頭に僕の入院している病院の名前がよぎったという。その晩入院3日目にして僕はようやく発見された。

そして臆面もなく言わせてもらえば、みんなが僕を見つけてくれたとき『起動戦士ガンダム』最終回のアムロの最後のセリフがちょっと頭をかすめました(みんなわかるよね?)。ガンダムはすごいアニメだったなぁ。。。
by shinop_milano | 2008-12-31 00:00 | ミラノ生活

ご報告 −交通事故遭遇とその後の経過について−

この二週間ばかりのことにいて申し上げます。

私、篠崎 渡は12月11日(木)の18:00過ぎ頃帰宅途中に交通事故に遭い救急車で搬送の後ミラノ市内の病院に同26日(金)午後まで入院しておりました。現在は経過良好ということで自宅にて静養ということになり順調に快方に向かっています。事故発生から病院に搬送されるまで私の不注意で身分証明や緊急時の連絡先(携帯電話など)について一切持ち合わせておらず同居人、友人、家族と3日ほど連絡が取れずにいました。その間私の身柄を多くの方が捜索するという事態になってしまいました。そして友人らとミラノ在日本総領事館の方々の懸命の捜索の末、14日(日)の夜に病院で身動きのできない私を発見して頂いた次第です。多くの方にご心配をおかけしたことをお詫び申し上げるとともに、暖かい言葉やお見舞いを頂き厚く御礼申し上げる次第です。

事故の詳細について、
当日、帰宅途中自宅近くのミラノ市内Piazza Napoliにてバスの乗り換えにて道路横断のため信号が青に変わるのを待っていたところ横にいた人が乗り換えを急ぎ赤信号のまま横断を試みました。小雨の降る夕闇の中帰宅時間中ということもあり車の往来も多く不幸なことにその彼にモータバイクが突っ込み跳ねてしみました。そのバイクもその場で転倒したのですが、今度はそのバイクに別のバイクが突っ込み転倒してしまいました。目の前では、これは大変だ!とみな状況を眺めていたのですが、何人かがケガ人の救助、介抱をする中私も帰宅したい足を止めて事故の二次災害を防がなくてはそれと救助活動の補助を、と思い倒れたバイクの移動を試みるに至った次第です。
手荷物を置き道に出て安全確認をしたつもりだったのですが、道路に出て腰を下ろしてバイクを移動しようとしていたところ後方より来た車(バイク?)に追突されたようです。そのときのことはよく覚えていませんが、次の瞬間激痛とともに道路に倒れていました。そこから、次に記憶があるのは救急車の中で衣服を切られて呼吸が苦しい中救助活動を受けていたところです。そのままミラノ市内北部NiguardaにあるPronto Soccorso(救急病院)で救急手当を受け入院することになりました。

病院にて、
レントゲン、CTなどの検査の結果、右肋骨10カ所ほど、右肩甲骨、右鎖骨が骨折、とそのため右の肺が一部損傷していました。肺に血がたまっていたため呼吸が困難だったのでその場でカテーテルを挿入して排液治療を受けることになりました。幸い、左半身と脊椎はほぼ無事で左半身は自由に使えるのと手足は自由に動かせる状態でした。その後、集中治療室にて翌月曜日まで4日間様々な治療と介護を受けました。この間私もしきりに誰かと連絡をとらねば、と思い思考を巡らせましたが唯一わかりやすいだろうなと考えた所属の弦楽器製作学校のことを言葉でドクターに伝え、調べさせるのにとても時間がかかりました。また、運悪く週末が重なったのも手伝って連絡を付けるのに週明けを待たねば行けませんでした。結局、14日(日)の深夜に友人らやミラノ在日本領事館の方々の懸命の捜索の末私を見つけて頂きました。それまでの間、友人、関係者、家族らをたいへん心配させることになってしまいました。私もこのとき領事館のYさんを拝見してその場で日本両親と話しができたときはホッとした思いです。
集中治療室でのドクターの話しでは、ひと月弱くらいは入院、ということだったのですが一般外科病棟に移った後から後自分でも驚くほど順調に快方に向かいまして(これはほんとに不思議ですが自分の回復力がこれほどのものとは!)覚悟もしていた鎖骨の手術もする必要がなく2週間の入院の末あとは自宅療養ということで26日(金)に退院と相成りました。この後も2、3週間は安静ということで(実際カンナを持つこともできないので)当分は自宅で静養ということになります。(実はキーボードを叩くのもいつものようにいかなんくちょっと難儀しています)。

改めて、
今回は多方面の方達にご心配をおかけする結果になってしまい、たいへん申し訳なく思うのと同時に多くの方のご親切と真心を頂きたいへん励みになりました。みなさんどうもお世話になりました。今回は起こった事故について本当に不幸中の幸いとも言うくらい、もし言い過ぎでなければ、神様に助けてもらったようにも思います。そのことはとても感慨深いのでまた別にお話しすることにします。
そのような訳で多くの方からクリスマスの挨拶やメッセージを頂きながら返事ができませんでした。お詫びとともに挨拶に代えさせて頂きます。皆様、良い年末年始をお迎えください。
by shinop_milano | 2008-12-27 12:00 | ミラノ生活

ミラノに帰ってきて

すっかりクリスマスモードになってしまっていた。(日本もそうだったけど)
今週末は7日がミラノの守護聖人、聖アンブロージオの日で町はお祭り気分8日は祝日で3日間の連休です。チェントロにちょっと出てみたけどすごい人ででした。ああ、なんとDuomoはファサードがほとんどすべて見えるではないか!
d0079867_15271713.jpg

一部足場を残しているけどミラノ5年目にして初めてファサードの全景を拝みました(でもまだ部分てきに修復やっています)。
恒例のクリスマス市“Oh Bej Oh Bej”(オーベイオーベイ、と読む「いいもの、いいもの」という意味)が今年もお城の前に出ていた(去年は今年で終わりとか行っていたのに結局続行)。世間の景気が悪いにも関わらず出店の数は多かったです。しかし季節もの(クリスマスグッズ)のお店にくわえよく見るとナヴィリオの骨董市で見かけたお店や町のメルカートで見かけるお店もちらほらと。景気が悪いのでクリスマスでがんばろう、ということかも。以下いくつかの写真を掲載します。
d0079867_15353080.jpg

こちらは流しのバッグパイパー。イタリア的にはこの楽器はザンポーニャと呼ぶ。
d0079867_1537506.jpg

ナヴィリオ骨董市でも見かける化石屋。願掛けも含めてアンモナイトの小片を購入。5ユーロ也。
d0079867_1540421.jpg

思わず買食いしたくなるこの市場。おいしそうな子豚ちゃん。雰囲気に任せたら衝動買い必至。
d0079867_15423617.jpg

by shinop_milano | 2008-12-07 15:04 | ミラノ生活

「ミラノ的ヴァイオリン製作の部屋」改め。埼玉に活動の場を移したヴァイオリン屋の徒然日記


by shinop
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29