ヴァイオリン工房は不思議の部屋 ★camera delle meraviglie★

shinop.exblog.jp ブログトップ

<   2008年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

自転車オークション

3ヶ月も前のお話し。自転車をほしいなぁと思っていたときにMartino工房にきたオケ仲間のMarcoから日曜日に「自転車のオークション」がある、と聞いた。それで詳しく情報を教えてもらいいってみた。場所はミラノのIsora地区。ここは今ミラノの再開発地区だがいわゆる「下町」で各種「儲からない職人」や外国人などが住んでいる(らしい)。
で、いってみたところ通りから一歩曲がった奥にあるそこは自転車の修理工房、というか「倉庫」で脇には綺麗に飾られていないBarがあり、入り口は手作り品のメルカートが並んでいる。日曜日にはけっこう人が集まるようだ。それでオークションとは、出展数は15台くらいだがどれも、本当に動くのか?と目を疑うモノばかり。モノによってはフレームだけである。どれも60年代、70年代のものだ。いわば「ガラクタ市場」だっと言っても過言ではない。この時点で期待が外れたのだが折角だからと思ってオークションに参加。
d0079867_21123948.jpg

始まってわかった。ここにいる人はここの工房の人たちの「話」を聞きに来たのだ、と。脇のバールでお昼を飲み食いしてまったりとお昼を過ごしつつ余興に自転車をネタに笑いを取りつつ有意義に時間を過ごす、ということで納得がいった。そうでなければこんな本当に使えるのかわからないボロ自転車(しかもフレームだけ!)に100ユーロは払えないよ〜。しかし、オークションを進めるおっちゃんの口上はおもしろい。笑えた。それはうまく文章に出来ない。場の雰囲気は盛り上がってゆく、これがオークションか!僕は途中で退場したが多分その日の売り上げは500ユーロくらい楽にいったのではと思う。モノとしては捨てるのに100ユーロかかってもおかしくないモノたちである。彼らの修辞学と日本じゃ今時こんなのに寛容な人も場所も無いよなぁ、と思いつつウチに帰った。
by shinop_milano | 2008-05-11 20:00 | ミラノ生活

イタリア人に髪を切ってもらう

そろそろ暑くなり、髪もずいぶん伸びてきたので散髪することにした。Martino工房近くの行きつけのBarにはEnzo(エンツォ)という散髪屋とよくあうのだがいい機会だと思って彼に切ってもらうことにした。実はイタリア人に髪を切ってもらうのは初めてである。
彼はプーリア州ブリンディシィ近くの出身である。たまに理解しづらい方言が出るので結構会話が難しいが人がいいのでどんなことになるのかなと試してみることにた。まぁ、床屋の仕事の半分は話術にありと思っている(特にイタリア人は)。
まず、どんな感じに切ってくれと説明したつもりだが「短くすればいいんだろ、まぁまかせろや」という感じお任せメニューになった。話は世間話からプーリアの話、他の日本人の客の話などなどだったが思ったよりは口数が少ない。外見から判断するより仕事には念入りだ、というのはバリカンを使わず総ハサミできってくれたのだ。「この辺のamici(友達)はみんなこうやって切っているんだ」というので聞いてみたらMartinoを含め、Barのアレッサンドロ、肉屋のオヤジ、文房具屋もみんなここで切っているんだそうな。
で、髪にまつわる唸った話。夏って髪の毛のびるのはやいよね〜、と話をふると「それは汗で毛穴があくからだよ」と他でも聞いた説に加え「春とか夏は成長する時期なんだよ、木だってそうだろ?」という。なるほど。それから「月の満ち欠けも関係しているぞ、月の引力も関係しているんだ、潮の満ち引きと同じだ」という。なるほどなるほど!それって木の伐採についてと全く同じじゃない。木は冬の新月のころ、つまり木の生長が止まった水を吸い上げないときに切るのが正しい切り方だ。今日はいい話をきいたなぁ。
ということで散髪も終わり仕上がりをみる。なかなかいい感じだ。説明せずともおよその注文とその前の髪の状態で客の注文を読み(彼には僕が髪に頓着しないのがわかっていた)、うんちくのきいた話もでき、もちろん腕もいい。職人(プロ)とはかくあるべしと思った次第、これで15ユーロだからうれしい。では次の散髪は次の新月のひかな。
by shinop_milano | 2008-05-07 08:31 | 楽器製作

迷子のLeopard

連休前に工房の近くでみつけたあやしいもの。
d0079867_21482083.jpg

え、これ本当?迷子の豹の捜索願い?この近くにいるかも?
捜索願の訳。
ーーーー
名前:Leo 種目:豹
特徴:体調75cm、体重80kg、斑点のある毛皮
最後に目撃した日:2008.3.28
捜索する場所:草むら、丈の長い草の中
どのようにほかくするか:大きなビフテキをもって近づく
ーーーー
これ本気?最後の一行は笑える。
ということで、工房のMartinoに話をふった。曰く「なんかの広告だよ〜。冗談だろ」とのこと。なんだそうか、と軽くだまされたつもりでいた。イタリアならこれがジョークで通るのかと思っていた。では何の広告かと思い書かれているURLにアクセスしてみた。
え、マジなの?それにしてはこんなので本当にいいのか?東京だったらすぐ機動隊動員で豹狩りだろ、たぶん。

というわけで本当にこの通りなのかよくわからない。でも、久しぶりにイタリアにいることを実感しました。
by shinop_milano | 2008-05-01 00:00 | ミラノ生活

「ミラノ的ヴァイオリン製作の部屋」改め。埼玉に活動の場を移したヴァイオリン屋の徒然日記


by shinop
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31