ヴァイオリン工房は不思議の部屋 ★camera delle meraviglie★

shinop.exblog.jp ブログトップ

<   2007年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

Vicenzaのガット弦メーカAquilaを訪ねる

日曜から月曜にかけてVeneto州の町Vicenzaに行ってきた。Vicenzaといえば建築家パッラーディオ、オリンピック劇場、米軍基地で有名だがバロッキスタ(バロック音楽屋)には弦メーカAquilaの工場がここにあることで有名だ。この町に住んでいるリュート弾きの友達が引っ越すというので彼を訪問しつつ、Aquilaの工場に直接ガット弦を買いに出かけた。
以前バディアロフの講習会でAquilaの弦を使って僕の楽器に弦を張り直したのだがこのセットアップでもややバランスの不具合を抱えていたので現場で相談して弦を選択してみることにした。社長のMemmo Peruffoさんは歴史的文献の調査と実践とですごい成果を残している。ので、ガット弦を使う方は一度彼らのサイトを参照してみるとよいと思う(ただし英語かイタリア語)だけど)。弦を張ってある楽器を見せると彼と奥さんのDanielaさん(ヴァイオリン、ヴィオラを弾く)が弦を押したり弾いたりして張力を試す。だいたい僕が感じていたと同じくE線の張力が高すぎたと指摘してくれたのでより良いと思われる弦をもってきて試してみた。モノは直径が0.05mmだけ細いものだが、ガット弦の世界では大きな差を生む。変えてみたところ完全に音が変わってしまった。すごくいい。うちに持って帰って弾いてみたが弦のバランスがとてもよい。やったーという感じ。
今回はこれから作るヴァイオリンと試しにとヴィオラ用の弦を1セットを購入した。Peruffo氏からはいろいろな話を聞け、また企業秘密であるはずの工場の中も見せてもらった(でも様子は彼らのサイトのままです)。今日彼は忙しいところ時間を割いてくれたのだが、今年は私の通うミラノの弦楽器製作学校で頼まれて授業をやるからということで後日いろいろつっこんだ話を聞きたいモノである。それまでに勉強しておかないといけないなぁ。
d0079867_9495585.jpg

by shinop_milano | 2007-10-29 22:26 | 楽器製作

Skype始めました。と、新Mac OS Leopard

今更かも知れないけどSkypeをMy Powerbookにインストールしました。友だちと通信しましたが家の遅いADSL環境でも画像が付いてきて会話出来ています。しかも、3人で会議通話を試してみたところ、さすがに3人いっぺんにしゃべれないまでもコミュニケーションできて驚きました。今更ながらすご〜いと思ってしまった。ということでSkype使う方はよろしくお願いします。
そんななか、とうとう新Mac OS 10.5 Leopard が発売になった。どうもiChatでは同様に会議通話がデフォルトで出来るらしい。こちらはまだPantherでシステムの具合が悪くTigerにもバージンアップ出来ていないというのに・・・
by shinop_milano | 2007-10-27 06:32 | ミラノ生活

私のヴィオラたち

またしても今更ですが、日本に帰った時持ち帰った楽器を紹介します。
この場は写真まで詳しくは私のホームページをご覧下さい。


まずはコンクールで賞を頂いたGiuseppe Ornatiモデル(412mm)。
d0079867_4303145.jpg

d0079867_431093.jpg


そして個人的にはこっちの方が気に入っているAndrea Guarneri(1676)モデル(417mm)
d0079867_4463077.jpg

d0079867_4402636.jpg


いずれの楽器も東京・小金井にある宮地楽器 小金井店ショールームさんでご覧・試奏にできます。ご興味のある方はご足労頂ければ幸いです。
by shinop_milano | 2007-10-23 04:48 | 楽器製作

日本に帰って思ったこと

今更という気がしないでもないが今回日本で思ったこと(レベルの順不同)

パスモが普及していた:噂には聞いていたがJRでも地下鉄でもバスでも使えるとはねぇ〜。でも持っていないから使えなかった。
女の子のファッションが変わった:具体的になんて言うのか知らないがちょっと萌え系アニメの女の子のような、メイド風っぽいというかそういう度合いが強くなったように思う。ネオ・バロックならぬネオ・ロココとでも言うべきか?黒髪の人も増えたのも印象的。
表参道、六本木:久しぶりに行ってみたが表参道ヒルズ、六本木ヒルズ、東京ミッドタウン学生の頃とすっかり変わってしまった。もっとも、僕なんかよりももっと年上の方はさらにそう思っているのでしょうが・・・他にも銀座、秋葉原変化の激しいところもあるはずだが今回は行く機会が無かった。でも、昔のままでいてほしいなぁと思うところもあるので何となく足を運ぶのに気がひける。
中央線の高架と新車両:新車両凄い静かでした。しかも窓が大きく見晴らしがいい。新宿から三鷹を過ぎて高架に乗ったのに気付き、とうとうできたか、と驚く(まだ半分だけど)。武蔵境など通過する眼下に取り壊し中の旧ホームをみるとものぐるおしけれ。
国立新美術館は火曜休館!?:何故、美術館の王道のように月曜休館でないのか?出発前日ラジオ出演の後フェルメールの『牛乳を注ぐ女』と上野学園の古楽器コレクションを見に行こうと足を運んだら、休〜か(”)〜ん。完全に思い込みで失敗しました。でも悔しい〜。
デフレを実感:イタリア人は、日本に行ってみたいけど遠いし物価が高いから・・・と日本に行くことのバリアを述べるがミラノの方が物価が高いし不便。日本は十分にいい国だと思います。
吉野家の牛丼:が復活して3年半振りに食す。会社生活時代を思い出し感慨に浸る。今があるのはこれの御陰でもある。
日本のアマチュア演奏家:ってやっぱり凄いです。今回もお友達をたづねに練習場にいったり、室内楽演奏会に足を運んだりしたが演奏技術も意識もイタリア人に見せてやりたいくらいです。そんな人達にサービスができる仕事を出来るようになりたいです。
タワーレコード:ミラノで有名な古楽系の演奏家グループのCDでまだミラノのRicordiで見たことの無いレコードが置いてある。ミラノに戻って探しても無い。今更ながらタワ・レコ恐るべしです。

総論:日本は便利だ。でも、仕事にしても生活にしても交通、流通システムにしても利便性を追求しすぎていて逆にそこまでしなくてもいいのでは?と思うようなことも多い。イタリアで3年過ごしてそう思った次第です。今度日本に帰ったときはどうおもうのだろうか。
by shinop_milano | 2007-10-17 07:10 | 雑記

Mondomusicaも終わり・・・

クレモナでのヴァイオリン業界的展示会「モンドムジカ」も終わり日常の生活にやっと帰ってきた感がします。今年のモンドムジカは・・・と内容は去年とほとんど感じだったけどさすがに5回目となると楽器製作業界に知りあいも増えて挨拶する人も多くあっちの通りを歩いては誰かに会い、こっちの通りでは呼びかけられたり、とそんな感じであっという間に半日時間が過ぎてしまった。歩いているだけでも疲れるなぁ・・・と実感。写真を撮っているヒマもありませんでした。
by shinop_milano | 2007-10-07 08:21 | 楽器製作

ラジオに出演しました。

日本滞在中に全然ブログを更新していませんでしたが、今回の滞在時の一大イベントをご報告します。今日、ラジオ番組に出演しました!FM J-WAVEの「GOOD MORNING TOKYO」と言う別所哲也さんがパーソナリティの朝の番組です。今回は友だちでラジオ番組の制作をしている友だちに打診されて引き受けました。番組中のMorning session というゲストを呼んでお話しというコーナーで私自身、楽器製作についてのおはなしをすることになりました。
d0079867_18193284.jpg

朝早いので自宅から始発の電車に乗ってJ-WAVEのスタジオのある六本木ヒルズの森タワービルに出発。今回は私の製作したヴィオラ2台と楽器製作の材料、道具などを持って行きました(始発の空いている電車でよかった・・・)。
担当のディレクターの方と待ち合わせ場所で落ち合うと33階のJ-WAVEのフロアへ。今回はじめて六本木ヒルズに行ったがセキュリティシステムや雰囲気にちょっと呆然としました(東京も変わったなぁ、再認識)。今日は昨日からの雨がまだちょっと降っていて窓の外に霧に隠れる東京タワーを眺めました。まるでミラノの冬のようだ〜。既に放送は始まっていてスタジオでは別所さんがしゃべっているのを聞きながらディレクターの方と最終打ち合わせ。楽器、木材を取り出しスタンバイ、OK。スタジオ入りの待ち時間に制作会社の方などと楽器話やミラノ話で緊張感をほぐすことが出来ました。
いよいよスタジオ・イン!別所さんが前に座っていて、スタッフの人が楽器などを机の上に並べてくれた。「よろしくおねがいしまあす!」と挨拶を交わしていよいよ、ON AIR。別所さんがちょっと大げさに僕を紹介してくれる(照)。お話しまず私の経歴や楽器製作を志すに至った経緯やについて始まり、イタリアでの楽器製作事情についてなどなどと進んで行きました。お話しはうまく別所さんがリードしてくれたのであまり緊張せずにしゃべることが出来ました(それでもちょっと早口だったかも)。二台のヴィオラの弦を爪弾いて音色を比較しようとした別所さんでしたが楽器の扱いになれていなかったのかうまく音が音がですスタッフの皆さんの笑いを誘う一面のあり、あれっ!、というシチュエーションも生放送の番組ではこうやって面白みになるのかと実感しました。最後は今後希望や将来についてお話ししてあっという間に出演時間がおわってしまいました。予定より脱線して話しが盛り上がってしまったため材料や道具については触れずじまいでした。せっかく担いでもってきたのに、残念。
中学生の頃から深夜放送のラジオ番組などを聞いていてラジオ出演は夢でしたがこんな形で実現してミーハーですが嬉しかったです。ともあれ無事に終わってホッとしました。
「J-WAVE GOOD MORNING TOKYO」のサイトMorning sessionのページに別所さんとの写真がでています。こちらもご覧下さい。
by shinop_milano | 2007-10-02 09:00 | 楽器製作

「ミラノ的ヴァイオリン製作の部屋」改め。埼玉に活動の場を移したヴァイオリン屋の徒然日記


by shinop
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31