ヴァイオリン工房は不思議の部屋 ★camera delle meraviglie★

shinop.exblog.jp ブログトップ

<   2007年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

L'Orchestra La Verdi a tutti演奏会を終えて

やっと終わった。オケの本番・・・今週は日曜日も含めて4日ホールへ出かけておまけに風邪気味でウチでの仕事もしなくてはと忙しかった。3回目になった今回の演奏会だが内容的には比較的簡単なそして分量的にも少ないプログラムだったのでアンサンブルの向上は最初に比べたらずいぶん良くなったと思う。しかし、メロディーで思わず歌いたくなってしまうところに自制が利かないところとか(チェロに有りがち)、フレーズの処理の統一感が無い(日本人的すぎる?)とかまだやるべきところはたくさんある。個人的には思っていたと同じくらいかそれより少し上くらいに良くなったと思う。以上弦楽器、管楽器は周りをもっと聴いてほしいというのと音に対するイメージが足りないかなと・・・
細かいことはたくさんあるが、このオケでわかったこと。日本のオケもこちらのオケも、音楽専門学校で勉強したかそうでないかにしてもオーケストラでの演奏は大体同じ問題を抱えていてうまく行かないところは同じ、かなと。そして有名な「オーケストラ的楽器学」が述べるように楽器、セクションについての個人のキャラクターも大体一致している(弦楽器と管楽器の間には見えないバリヤーがある!!)。大きな違いは日本人的(ドイツ的?)な、こうであらねばならぬ、というような固い雰囲気は無く(それは周囲に合わせなくてはいけないという強迫観念にもなっていると個人的には思う)リラックスして実はヤバいのに余裕があること。本番前のゲネプロでいつもと違うテンポでやっても、これでもいいよね、とやっちゃう。マニュアル化された現代日本人(そう思っているのは僕だけ?)に臨機応変に対応するということの大切さと余裕を感じた次第である。
by shinop_milano | 2007-05-25 15:40 | ミラノ生活

ACミラン勝っちゃったよ〜!

どうも今のアパートの周辺はミラニスタ(ACミランのファン)が多いようで今日もゴールが決まった時は大きな歓声が聞こえてきました。どうもバルコニーから見えるバールはファンが集まっていたアノで勝利が決まった時はえらいはしゃぎようだった。ヨーロッパチャンピオンリーグカップは地元で対セルティク戦を見に行ったこともあり各試合を気にしていたが、やはり応援しているチームが勝ったのは嬉しい。ドゥオモ広場辺りはみんな集まって凄いことになっているようだけど、我が家の周辺もクラクションを鳴らしながら走る車が後を絶たない(でもワールドカップの時程ではない)。
今年はセリエAでインテルがスクデット(リーグ優勝の盾)を制し、ミランがECLを制しミラノは2年連続でサッカー騒ぎですな・・・
by shinop_milano | 2007-05-24 07:31 | ミラノ生活

フェラーリ・ストアMilanoに行く

数日前にミラノのドゥオモ近くにあるフェラーリストアに行った。目的は今年還暦の父に赤いちゃんちゃんこなんてのもイマイチなので、もうちょっとかっこ良くフェラーリの赤いシャツでもと思い出かけた。
フェラーリストアはイタリア国内で何店かあるようだが、ミラノ市内はここだけの模様(マルペンサ空港内にはある)。店内はフェラーリグッズ満載で手に取ってみられるのが嬉しい。昔勤めていたOL社が未だにフェラーリのスポンサーなのでチームジャンパーにそのマークを見つけると、おおこんなところにも、と微笑ましくなる。ここでは店内で写真を撮っている西洋人も珍しくない。
このストアの名物(?)は地下2階にフェラーリマシンのシミュレータがありフェラーリマシンに乗ってF1のレースゲームができる。店内で30ユーロ相当の買物のレシートで1回体験出来る。10歳くらいの男の子が挑戦していたが、係員のあんちゃんが「ハンドルが敏感だから気をつけてね〜」というのも関わらず案の定いきなりスピン。結構難しいようだ。次ぎに中年のおっちゃんが挑戦していたが、まるで子どものようにワクワクしていた。やっぱり好きな人にはたあまらないんだろうな〜、と。
by shinop_milano | 2007-05-24 02:18 | ミラノ生活

La verdi a tuttiプレ演奏会

あさってに参加するアマオケLa verdi a tuttiの演奏会があるがそれに先立って昨日非公開で某銀行のスタッフ向けのレクチャーコンサートを行った。曲はシューベルトの未完成交響曲。レク・コンの場合「ここからここまで演奏してナレーション入れるから・・・」などと日本の場合きっちり場所を決めたりするのだが、今回は最初に演奏箇所の表が配られたもののやってみると省略のフレーズ有り、予定より短かったり、そして聞いていなかった指揮者体験コーナーまで突然行なわれた。素人の指揮者に合わせる素人オケ。イマイチだったがでもやってみると何とかなるものでこれがきっかけで少しみんなが周りを気にしてアンテナを高くしたような気もした。
だんだんアンサンブルの力もついてきたがまだまだで簡単なミスの連発が多い。あさっての本チャン(他にもエルガーの弦楽セレナードをやる)はどうなることやら。
by shinop_milano | 2007-05-22 19:52 | ミラノ生活

碁盤とヴァイオリン

先日、マエストロ・プリモン(元学校の先生)の所にいった。ちょっと前に書いたLifeworkという雑誌に彼のインタビューを載せてもらったのだが記事の翻訳をということで夕食に招待されたのだ。
このインタビューには彼は自身で山に行き木を切る、といった話しが出ている(これは本当の話)。他には日本の伝統工芸の職人さんの記事が別のページにいくつか出ているのだが東京の碁盤職人のインタビューが出ていて使う木の伐採方法について出ている。これを読んで興味深かったのでプリモンに紹介した。というのは、ヴァイオリンに使う木と伐採の方法がおなじで伐採する時期が重要と述べているからだ。つまり、冬の木の生長が止まって水分の一番少なくなった時に切るというのが適切な切り方だ、という訳である。またシーズニング(木の乾燥)、加工する時期についてもプリモンの意見は同じで「洋の東西を問わず木の切り方は同じなんだね〜」ということで話しが一致した。
ちなみにプリモンは碁盤を知らなかった。雑誌に出ている碁盤(材料は榧(かや))の写真見て「凄い!こりゃ削り方間違えたらすぐ割れる」とコメントしていた。
by shinop_milano | 2007-05-20 16:45 | 楽器製作

謎の動物発見!

ミラノ郊外の材木屋に買物に行った時のこと。帰り道に脇の田んぼ(イタリアに田んぼとは不思議に思うが水田で米を作っているようです)をみると猫サイズの動物が歩いていた。しかし猫ではない、だってシッポが細いんだもん。暫く観察しているとやや緩慢な動作で何か餌を食べているようだ。顔がこっちを向いた。10メートルくらい離れていてもなんか白いヒゲのようなものが付いているのがわかるがなんの動物かよくわからない。ラッコかアザラシのような面構えだ。ネズミ?にしては大きいし動作が鈍い。イタチ?タヌキ?・・・・暫くすると脇の茂みの方にのらくらと歩いて行って消えてしまった。
僕の予想では近くに運河もあるのでカワウソかなぁなどと思ったが真偽は不明。日本でも見たことのない不思議なヤツ。
by shinop_milano | 2007-05-05 00:56 | ミラノ生活

「ミラノ的ヴァイオリン製作の部屋」改め。埼玉に活動の場を移したヴァイオリン屋の徒然日記


by shinop
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31