ヴァイオリン工房は不思議の部屋 ★camera delle meraviglie★

shinop.exblog.jp ブログトップ

<   2007年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧

NegriとIKEAに行く

学校で修復の授業を持っている先生Negriはミラノから100km程離れたカザーレ・モンフェラートに住んでいるのだが、週2回水曜と木曜当地からミラノにやってきて水曜の夜は市内のアパートに泊まり木曜日の授業に備えるという生活をしている。最近、そのアパートがウチの近くにあり実家から電車で来るときが多いのだが車でやって来る時は水曜日の授業の後途中まで車に乗せてもらっている。
で、今日Negriは車でやってきていて授業終了間際にその話しになったら、「スマン、今日はIKEAに行くから・・・」ということでごめんと言いかけたのだが「じゃ、僕も買いたいものがあるのでいっしょに行っていい?」と聞き返したら「じゃいっしょに行こう」ということになった。ミラノ近郊には2件IKEAがあり、そのうちの1件はウチの近くだが車がないとちょっと行けない環境にある。そこからNegriのアパートまではウチのすぐ前を通るのでラッキーなタイミングである。
Negriは何が欲しかったのかと言うと今ミラノのアパートのキッチンをリフォームしているのだそうで、どうも水回りと調理器具等をかけるフック、バスケットなどを調達したかったらしい。キッチン関係のものをみているとやはり予定以外のものもいろいろみてしまい結構長く見て廻った。「じゃ、メシ食って行くか」ということでIKEAのバールで2人で食事をしていくことにした。彼曰く、サーモンの薫製がリーズナブルでうまい、ということで2人してサーモンの薫製を食べることに(彼は2皿食べたが、僕はこれを1皿とニシンのマリネをもう一皿たべた)。値段の割には量もほどほどでなかなか美味しかった。
買物後車の中でなんでキッチンをリフォームしているのかという話しになり、「実はいま女子大生が2人ウチのアパートに住んでいるんだ」という。奥さん家に置いて、浮気!?(しかも1対2)と思いきや話しを良く聞くと水、木曜日は彼が部屋を使うがそれ以外の日は女子大生2人に部屋を貸しているというのだ。何でも3ヶ月くらい前に市内でトラムに乗っていたら目の前にいた彼女等が部屋探しの話しをしていたらしく、それを聞いたNegriが、じつはかくかくしかじか、と自分の部屋を賃貸する話しを持ちかけたらしい。最初は女の子二人も半信半疑だったらしい(それ以上に前に座っていたおばさんには白い目で見られたらしい)が身分と事情を説明して名刺を渡したところ数日後オファーにOKとのことで返事があったとのこと。もちろんNegriの奥さんも了解済みである。そしたら、週5日住んでいる彼女等はやはり大学生、部屋の使い方が粗雑だったらしく当初はNegriが水曜の夜アパートにつくと家政夫状態だったらしい。教育的指導もしたらしい(もちろんまじめに)が、それをキッカッケにキッチン直したりいろいろ補修をしたりしているとのことである。
そんな訳で、週2日は奥さんと子どもを置いてミラノのアパートで暮らし女子大生に賃貸の話しをもちかけ、仕事も何となく抜け目なくきっちりこなすNegri。彼曰く、俺はフォーマルな男じゃないからな、という。なかなかいい線行っている「チョイ悪オヤジ」である。
by shinop_milano | 2007-02-28 22:13 | ミラノ生活

esselungaの寿司

近所にある金物屋に行ったついでにスーパーマーケットEsselunga Via Solariに買物に寄ったらなんと総菜売り場の脇に寿司コーナーができていた。そこでは一箱三貫入りの寿司が山のように売られていた(この現場も写真を撮っておきたかった)。話しのネタになるかと思ってとりあえず買ってみた。みた感じは1年半前にコペンハーゲン空港でみたものよりは良くできていているようだが、日本人感覚ではまだまだである。他にも巻き寿司等もあった。今回はマグロ、エビ、白身(ombrina(ニベ)とあるが日本では何という魚か?)のものをチョイス。これで2,30ユーロ。
d0079867_6251053.jpg

まず封を開けてみて気づいた、うっ、シャリが固い。どうも元は冷凍であったのが想像出来た。ネタをちらっと持ち上げてみるとわさび抜きであった。わさび醤油を用意し一口食してみる。シャリに芯がある、やはりイタリア人は寿司もAl dente(アルデンテ)が好みなのか、と思ってしまった。ネタは調理から時間が経っているのか今ひとつ新鮮味に欠けたがそれでも許容出来る範囲であった。むしろ日本と違って保存に「何か特別なもの」を使っていないようで若干の生臭さを感じるがうまみのある感じだった。魚貝類についてはやはりミラノはよいといえる。エビはやはり美味しくこれは日本のエビより歯ごたえがあり味も濃厚である。
ともあれ、総合評価は及第とは言えない。ネタだけを購入してお家で酢メシを焚いて握るのがよかろう。
by shinop_milano | 2007-02-27 20:14 | ミラノ生活

ぺんてるの芯

製作で線を引くのに使っている0.3mmのシャーペンの芯が切れたので文房具屋にいって買うことにした。たまたま入った文房具屋で出されたものは、ぺんてるのHBのものだった。これしかないというので買ったのだが価格は2.50ユーロ(約350円程)で芯は12本しか入っていない。ラベルの下の方には300と書いてあるので日本では定価300円だろう、実売価格は100円台ではないかと思われる。円安ユーロ高に加えインフレ感も強い昨今、シャーペンの芯のようなものにこそ割高感を覚える。大切に使おう・・・
by shinop_milano | 2007-02-24 00:23 | 楽器製作

『カノッサの屈辱』 まさかの復活!?

キリスト教において”破門”とは何か、について調べようと思ったら「カノッサの屈辱」に辿り着いてしまった。1077年北イタリアの街カノッサ(パルマの近く)で神聖ローマ皇帝ハインリッヒ4世がローマ教皇イノケンティウス7世に真冬の3日間城の門の前で”破門”の許しを乞うた、というエピソードが「カノッサの屈辱」ですな。といっても個人的にはやはり昔フジテレビの深夜番組でやっていた同名のテレビ番組が懐かしく、そういえばあったなぁ、と思ったのだが、ま・て・よ、と思いYouTubeでためしに検索した。するとなんと言うことであろう『カノッサの屈辱 2007』なるものがあるではないか。どうも良く見てみると映画「バブルへGO!!タイムマシンはドラム式」の宣伝もかねて特番で放送したとのことではないか!
知らない人の為に説明するとこの番組は何かをテーマにその歴史を世界史、日本史、科学史などの歴史エピソード、人物などに無理矢理名前をだじゃれ的にこじつけつつその歴史のストーリーを作ってしまうと言う、非常にくだらなくまた笑える番組である。今になって知ったのだが『カノッサの屈辱』はホイチョイ・プロダクションズが製作(そういえばそのテイストだよなと納得)で当時バブル絶頂期の臭いがプンプンだなぁ、と十数年ぶりに改めて思ってしまった。しかし番組に歴史学者として出ていた仲谷昇氏は昨年死んだはず。では誰が?と思ったら伊武雅人が代わりになっているではないか。今回のテーマは「携帯電話」の歴史。当時はまだそんなものは「夢のアイテム」に属し手にできるものではなかった。にもかかわらず、今こうしてこれをテーマにされると携帯についてもう歴史を語るに十分の時がったたのかと驚く次第である。
さて、感想だがやはり仲谷昇氏の印象が強く伊武雅人はちょっと・・・の感を否めない。しかし、タイミング的には中谷氏の追悼番組としての名目もあり、その点では嬉しい。僕の中の仲谷昇の印象はやはりこのキャラだ。そして、今回の「こじつけ」とストーリー、小道具の作り方は昔と全く変わっていないのがいい!テーマ音楽も昔のまま。ちょっとタイムマシンに乗った気になったよ。逆に、こうして番組を異国の地で見られるようになり、こうして見ている自分はずいぶん遠いところに来たのだなぁ、とも思ったりして。。。
という訳で、懐かしいと思う人、何だこの番組はと思う人は是非Youtubeで『カノッサの屈辱』で検索して見てほしい。当時の放送ネタ(ニューミュージックの歴史、ニューミュージックも死語になりつつあるか?)もアップされていた(仲谷さん、若い〜)。とても感慨深い。こう思ってしまう僕はやはりバブル青春世代何だろうか?
”破門”についてはまた後ほど。
by shinop_milano | 2007-02-21 06:52 | ミラノ生活

急に暖かくなったからか・・・

どうも体調を壊し、微熱。今日は一日寝ていることにしました。久しぶりにパブロン服用。(-_-)zzz...
by shinop_milano | 2007-02-15 21:25 | ミラノ生活

Friggitrice-フライヤー

先日スーパーでとうとう購入してしまった、Friggitrice。これは蓋付きのフライヤーである。前からほしかったんだよね〜。
d0079867_8575734.jpg
コンセントを接続し、中に油をいれて温度をセットすると加熱が始まり揚げ物ができる。蓋が付いているので気化する油の量も少なく(つまり、壁とかに油が付かない)、また少ない油で揚げものをあげることができる。今までは油汚れを気にしてあまり揚げ物をしなかったがこれさえあればそんなのも怖くない。

揚げ初め式はかき揚げを作って天ぷらうどんということにした。写真はかき揚げを揚げているところ。
d0079867_94380.jpg
結構ちゃんとできています。使い終わってもものまま油を保存出来るのも便利。このminiフライヤー、スーパーGSにて価格は15.90ユーロでした。

by shinop_milano | 2007-02-12 09:05 | ミラノ生活

上半期の成果

上半期(イタリア的)も終り最近の成果をご紹介。
d0079867_8424243.jpg
まずはヴァイオリン。学校が始まってすぐに始めた割にはようやく木工が終了とずいぶん時間がかかってしまいました。これから塗装を始めます。

d0079867_8451970.jpg
こちらはチェロの内型とバンドソーで切り出したばかりのネック。こちらも予定よりずいぶん遅れています。

他にはリュートの型が製作中で、バロックのヴァイオリンはセミナーに参加したアイデアもらいながら再調整したりしていました。引っ越したり、日本に帰っていたりしたので結構時間が取れなかったなぁ、などと反省しています。しかし、大きな病気や怪我などせずに済んだので
よしとすべきか。

by shinop_milano | 2007-02-10 08:40 | 楽器製作

「ミラノ的ヴァイオリン製作の部屋」改め。埼玉に活動の場を移したヴァイオリン屋の徒然日記


by shinop
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28