ヴァイオリン工房は不思議の部屋 ★camera delle meraviglie★

shinop.exblog.jp ブログトップ

ヴィオラ作りは基本に戻って

という訳で、ヴィオラを作っているのですが今回は初めて本体40.0cmという小さいヴィオラを作っています。ヴィオラの場合本体が39.0〜42.0cmとかそれ以上のサイズもあり得るのでヴァイオリンのような規格サイズのものではないのです。だからちゃんと寸法のプロジェクトを立てないとつじつまが合わない、ということになりかねないです。例えば、アーチの膨らみはこの高さで良いかとか、ネックの角度や長さはとか駒の高さとか。もちろんある程度の「常識」的な寸法はあるのですがこんなことしたら大丈夫?といったように自分でいろいろ考えられるのが面白いところです。
なので寸法の決め方などは初心にもどり図面に書いたりして検討しています。今のところこんな感じで板を掘っていたりします。サクサクっとカールのような削りくずが出ると気持ちいいのですが削り過ぎに注意注意。
d0079867_913738.jpg

by shinop_milano | 2009-06-16 20:02 | 楽器製作

「ミラノ的ヴァイオリン製作の部屋」改め。埼玉に活動の場を移したヴァイオリン屋の徒然日記


by shinop
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30