ヴァイオリン工房は不思議の部屋 ★camera delle meraviglie★

shinop.exblog.jp ブログトップ

パリの楽器展示会ーMusicora(その2)

ムジコラに来てみて気づいたこと、それはローマ通りのお店はブースを出していない。
ローマ通りとはパリの楽器屋街でこの周辺に各種楽器屋がそろっている。特にヴァイオリン本体や楽弓のエキスパートもお店を並べていてパリの楽器屋と言えばここにお店を出しているのかなとまず頭に浮かぶ。しかし、ここの人たちは会場にいなかった。もっとも常にまとまってお店を出しているのだからあえて会場にブースを出す必要は無いといえば至極当然である。
会場出品者の仕事場所をみるとパリの人は少ない。むしろフランス各地から集まっている。この現象について個人的な推測では、まず第一にパリのような物価の高い都市は個人経営の楽器職人は生活しづらいこと、第二にそれぞれの地方にヴァイオリン職人がいてそこで楽器の需要とサービスの供給がとれているであろうと想像している。
中でも目立っているのがモンペリエから来ていた職人たちでぼくも来る前から注目してした。モンペリエでは昨年ストラディヴァリの楽器を集めて展示会を行ったりしていてどうしてそうなっているのかと思っていた。今は市内に十いくつかの工房があってその中には名の知れたのエキスパートもいてこのような企画を行えるようである。下の写真はそのモンペリエの一部の人たちが出していたブースの写真。
d0079867_8194635.jpg

以前はパリのローマ通りで工房を構えていたがいまはモンペリエで仕事をしているパスカル・カムラと話をした。彼によるとパリでは仕事は忙しく自分のやりたい製作(本体も弓も!)の仕事ができないしもう少しのんびりした生活がしたかったからというような話をしていた。どうもモンペリエにはそんな人たちが集まっているようである。
モンペリエの職人たちの経歴を読んでみるとみんな違うバックグラウンドを持っている。クレモナで始めた人もいればミッテンバルト、ニューウォーク、ミルクールの人もいる以前はチェンバロを作っていたが今はバロックの弓を作っているなどなど様々である。

ムジコラでは先に書いたようにイタリアではないような環境で楽器作りにサービスに人たちの様子を垣間みた。彼らとはゆっくり話を来たり仕事の様子を見てみたいがそれはもう少しフランス語を勉強しなくてはかな?と思う今日この頃です。
by shinop_milano | 2009-03-21 22:00 | 楽器製作

「ミラノ的ヴァイオリン製作の部屋」改め。埼玉に活動の場を移したヴァイオリン屋の徒然日記


by shinop
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30