ヴァイオリン工房は不思議の部屋 ★camera delle meraviglie★

shinop.exblog.jp ブログトップ

魔女と浣腸

病院お笑いネタ第2弾。入院中ある意味一番苦しかった1日。お食事中の方は食後に再来していただくのをお勧めする。

入院5日目、前日の夜に集中治療室から一般外科病棟に移されて迎えた朝。内科のドクターが診察にやってきた。そしておなかを触診したときに気になったらしく、いわれる前に自分から、
「便秘症で入院してから出ていないんです・・・」
と説明した。
イタリアの病院食は、もう3回目の入院だからよく知っていたのだが、とにかくたくさんでてくる。レストランみたいにプリモ(パスタ、ニョッキ、リゾットなど炭水化物メニュー)とセコンド(肉や魚、チーズなどのタンパク質メニュー)に加え付け合わせで野菜類とデザートで果物が一食分で昼食と夕食にやってくる(ちなみに朝は軽く、ビスケットとカフェラテという具合)。消化器系は全然問題なかったので毎食けっこう食べていたからおなかの中に排泄物がたまるのは当然。
それを悟ったドクターは
「それじゃあ・・・」
と言った。「・・・」がなにかすぐには理解できなかったが予想できた。
しばらくして看護婦のおばちゃんがやってきた。しかしこのおばちゃんがすごい。齢50過ぎ。絵本に出てくる魔法使いのおばちゃんそのものでデプッとしていて脚は短く5頭身くらいかな?しかも爆発したソバージュのような髪型はピンクに染めていて目つきは怪しい。しゃべる言葉はいかにもイタリアの教養のないおばちゃん言葉でそれが魔女度を高めている。白衣を着ていなかったら本当に魔女だよ。ああでも、言葉で形容するのは難しい。
そんな魔女、いや看護婦が何やら太い「筒」と「フライパン」を持ってきた。
「じゃあ、やるよ」
と先が三角形にとがった「筒」そう、浣腸器をみせる。
「え、こんな大きいモノなんですか!?」
と頭の中で思う。だって、直径8cm、長さ30cmくらいの注射器だよ。イチジク浣腸とはスケールが違う。先っぽは円錐型だし。
彼女はサッサとシーツをまくり上げ「フライパン」、これは病人用のおまる、をお尻の下に挿入した。準備完了だ。
「脚を開いて・・・」
といい、
「チョットまって・・・」
とぼくが説明を求める隙もなく、ブスッ。さっさと打ち込まれてしまった(涙)。

あのババァ、と思いつつ確かに楽になるだろうからガマン、ガマンと思っていたがなかなか出ない。寝ながらオマルをお尻の下に挿入されると腸の向きは重力に逆らうのであろう、なかなかいいように排泄物は流れてくれない。そして何よりも折れた肋骨が痛くて踏ん張れない。おなかは徐々にキュルキュルしてきたが如何せん一気に出る気配がない。脚を開いて腰を浮かしているのでだんだん疲れてくる。ようやく少し出たと思うと疲れちゃうので看護士/婦さんを呼んで処分してもらいお尻を拭いてもらう。先にも書いたがこのプロセスはお互いに嫌なものだろう。なのでなるべくぼくも一気に済ませたかった。
しかし問屋はそうは卸さず、浣腸はじわじわ効いてくる。オマルを取りちょっと排泄してリラックスすると次に控えていた一団が前に進んでくる。そして何となくまた便意をもよおしてオマルを呼びスタンバイするのだが、いざお尻が浮くと便意を損なわれる。そしてしばらくあまり入らない力をお腹にいれて頑張る。これがこの日だけで数回続いた。看護士/婦たちも、この日本人はまったく・・・、などと呆れたのではと想像する。

一番の難所だったのは昼休み前、お見舞いに同居人のRくんと同じ製作学校に通うTさんがやって来たとき。便意がやって来たので「ごめん、ちょっと」と席を外してもらい頑張っているとそこにいつもお世話になっているPマエストロがやって来た。幸い(?)ちょっと出たところで便意が引っ込んだでこの体勢をこらえて部屋に入ってもらった。すぐ帰るのだろうと思っていたが彼はその日は話し好きが高じて1時間半くらい居座ったのであった。その間ぼくはお尻の下にオマルを挟みっぱなしで脚を開いている。なので当然脚は疲れてみんなが帰る直前は両脚がプルプル震える始末。この間はなるべく「出ないように」気を遣ったので精神的にも疲労困憊。本当に疲れた一日でした。その後午後になって一通り腸内が一掃されてめでたしめでたし。

ともかく、身動き出来ないで用が足せないというのは、かなりつらいです。今でこそ笑って話せるけどね、ははは。
by shinop_milano | 2009-01-16 05:29 | ミラノ生活

「ミラノ的ヴァイオリン製作の部屋」改め。埼玉に活動の場を移したヴァイオリン屋の徒然日記


by shinop
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31