ヴァイオリン工房は不思議の部屋 ★camera delle meraviglie★

shinop.exblog.jp ブログトップ

マグロ大トロ、10ユーロ/kg

【7月8日のお話しなのであとで移動します】
1年以上も待ったあげくようやく来た滞在許可証の呼び出し(写真と指紋押捺のため)ちかくの警察署から帰るとき青空メルカートに出くわした。平日はこの辺を通らないので今日出ているとは知らなかった。ぶらっと一周。すると魚屋があった。しかも台にはマグロの赤身と大トロが並んでいるではないか。青空メルカートでマグロの大トロを見るのは初めて。そうか、ここにはあるのか!値段は10ユーロ/kgとある。え、100gで170円!?お買い得ではないか。しかし鮮度が気になる。時間は午後1時、気温は30℃近い。氷の上に乗っているがものすごく新鮮という感じではない。えーい、ままよ、と魚屋の兄ちゃんにお手頃なサクを指さす。ご存じとは思うがマグロの脂身などこちらではちょっと前までは捨てる部位だったのが昨今のすしブームで今は需要も高いらしい。しかしここではそんなことはなく切り売りではなく塊単位で買わなければ行けない。でもって計ってもらったら500gくらい。で、これを買って帰ることにした。
しかし、大トロ500g結構あるもので一人では食べきれない。そこで同居人に話を持ちかけてわけて分けて食べることにした。そしてその夜は豪華マグロ大トロ丼!!一人頭120gくらいはあったかな、いや、もっとかも。本マグロではないがこんなに一度に大量の大トロを食べたのははじめて。これだけ食べて解った。大とろは少し食べるからおいしい。やはり魚といえど脂身は消化に重く、だんだん食べ飽きてくる。しかも欲張って大きめに切ったモノだから歯ごたえが鈍い。大トロはある程度薄く切った方がいい。
まあいい、二人でたらふく食った。でもまだ半分くらい残っている。最初はこれを時間も経っているのでマグロステーキにして一人で食べようと思ったのだがまだナマで食べられるかなと思い翌日も二人で刺身にして食べた。その分量はこんな感じである。これはもう脂身の少ない方です。
d0079867_5343530.jpg

食後、僕はなんともなかった。しかし、相方は夜頻繁にトイレに行き次の日も調子が悪かったとのこと。やはり鮮度に問題があったか・・・しかし何ともなかった僕の胃袋って・・・
by shinop_milano | 2008-07-08 00:00 | ミラノ生活

「ミラノ的ヴァイオリン製作の部屋」改め。埼玉に活動の場を移したヴァイオリン屋の徒然日記


by shinop
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30