ヴァイオリン工房は不思議の部屋 ★camera delle meraviglie★

shinop.exblog.jp ブログトップ

[ミラノ川柳]陽だまり

今日のミラノは本当に良い天気だった。陽気は5月上旬?窓を開けた自室の気温はお昼過ぎに24度あった。昨晩は珍しく夜空に星がたくさん見えたので今日も空気が比較的きれいだったと思う。そんな中夕方に買い物に出かけた以外自室で楽器製作の仕事をしていた。午後になって日差しが直接部屋に刺すようになり夏を思わせる陽気になってきた。そんなときは陽だまりにこちらで売っているピンク色に着色してある工業用のアルコールを置いて脱色を試みる。どうも紫外線と温度に反応して透明になるようでこうしてからニスの溶媒に用いる。
陽だまりといえば、村下孝蔵の曲『陽だまり』を思い出す。僕ら世代では昔アニメの『めぞん一刻』のテーマ曲に使われれていたのを記憶している人も多いと思う。で、ふと聞き返してみる。そして思う、日本語とはなんと美しいのだろうと。80年代に(ユーミンを筆頭に)横文字を歌詞にたくさん持ってきたニューミュージックの流れとは別に日本語の歌詞にこだわってフォークな歌作りにこだわってきた村下孝蔵。そんな歌詞を今改めて聴いてみると言葉の美しさとパワーを感じる。懐かしさと最近日本であまり感じない言葉感覚にちょっと楽器製作の手を緩めてしまいました。

さすがに今日は気温が足りなかったのかアルコールの完全脱色はできなかった。1日で脱色するにはまだ季節が早かったかな。そんな陽気と村下孝蔵をたたえて一首。

陽だまりに置いた桃色酒精(あるこーる)季節は色を拭いされずや

それにしても村下孝蔵は若くして亡くなってしまった。惜しい。
by shinop_milano | 2008-03-02 20:27 | ミラノ川柳

「ミラノ的ヴァイオリン製作の部屋」改め。埼玉に活動の場を移したヴァイオリン屋の徒然日記


by shinop
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30