ヴァイオリン工房は不思議の部屋 ★camera delle meraviglie★

shinop.exblog.jp ブログトップ

釘と三葉虫

今日は1月最後の日曜日。ということで骨董市のあるナヴィリオ運河に出かけた。今日の目的はバロック・ヴァイオリン製作に使う釘を買うこと。一般的な円錐状のものではなく四角錐状のもの、よい鉄で作ってあるものならなおよい。先月ロケハン済みでいざ購入にすることにした。それともう一つ、化石。ナヴィリオ骨董市の隅の方に化石や石を売っている店が出ている。前回来たときにそこで三葉虫の化石を見つけどうしようか考えていたのだが結局買うことにした。
まずは化石屋に赴く。あったあった三葉虫の「群」。そのほかアンモナイト、サメの歯、???な化石などもある。店員のお姉さんに値段どこから採掘したのかなどと聞いてみる。三葉虫の化石は1つ5ユーロ、安い。モロッコ産だそうな。一番形の良さそうなのを選んで「これくださ〜い」と言うと(もちろんイタリア語で)、「証明書いる?」ということで学術名、産地、いつの時代のものかなどを書いてくれた。彼は4億年前デボン紀の生まれらしい(デーモン古暮より当然年長さん)。
次に釘屋、というよりは古家具屋である。値段を聞いてみる、僕がほしいのは1本1ユーロとのこと。なるほど妥当な値段だ。ここで計算する、そして6本選ぶ。何故か?それは払うときに5ユーロ札を出し小銭を出そうとするフリをすると「5ユーロでいいよ」というのを期待していたからである。果たしてその通りになった。おそらく拾ってきたようなものだろうからどうやっても売った方は得をするのだろうがこちらも得をした気分になるのでお互いhappy&happyと言うことになろう。どっちがだまされたかわからないが骨董市とはこんなものだと思う。
と言うわけで今日の獲物は以下の通り。
d0079867_7464856.jpg

今回はナヴィリオ散策中にクレモナの菊田浩さんに遭遇。奥様といっしょにお宝探しに来たそうです。三葉虫くんを見せるとでは、私もとばかりにそのお店に行ったそうです。なんでもアンモナイトの化石を購入とのこと。これにあやかり渦巻きがうまくできるようにとのこと。さすがは国際コンクールV2のお方であります。

by shinop_milano | 2008-01-27 07:23 | 楽器製作

「ミラノ的ヴァイオリン製作の部屋」改め。埼玉に活動の場を移したヴァイオリン屋の徒然日記


by shinop
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31