ヴァイオリン工房は不思議の部屋 ★camera delle meraviglie★

shinop.exblog.jp ブログトップ

日本に帰って思ったこと

今更という気がしないでもないが今回日本で思ったこと(レベルの順不同)

パスモが普及していた:噂には聞いていたがJRでも地下鉄でもバスでも使えるとはねぇ〜。でも持っていないから使えなかった。
女の子のファッションが変わった:具体的になんて言うのか知らないがちょっと萌え系アニメの女の子のような、メイド風っぽいというかそういう度合いが強くなったように思う。ネオ・バロックならぬネオ・ロココとでも言うべきか?黒髪の人も増えたのも印象的。
表参道、六本木:久しぶりに行ってみたが表参道ヒルズ、六本木ヒルズ、東京ミッドタウン学生の頃とすっかり変わってしまった。もっとも、僕なんかよりももっと年上の方はさらにそう思っているのでしょうが・・・他にも銀座、秋葉原変化の激しいところもあるはずだが今回は行く機会が無かった。でも、昔のままでいてほしいなぁと思うところもあるので何となく足を運ぶのに気がひける。
中央線の高架と新車両:新車両凄い静かでした。しかも窓が大きく見晴らしがいい。新宿から三鷹を過ぎて高架に乗ったのに気付き、とうとうできたか、と驚く(まだ半分だけど)。武蔵境など通過する眼下に取り壊し中の旧ホームをみるとものぐるおしけれ。
国立新美術館は火曜休館!?:何故、美術館の王道のように月曜休館でないのか?出発前日ラジオ出演の後フェルメールの『牛乳を注ぐ女』と上野学園の古楽器コレクションを見に行こうと足を運んだら、休〜か(”)〜ん。完全に思い込みで失敗しました。でも悔しい〜。
デフレを実感:イタリア人は、日本に行ってみたいけど遠いし物価が高いから・・・と日本に行くことのバリアを述べるがミラノの方が物価が高いし不便。日本は十分にいい国だと思います。
吉野家の牛丼:が復活して3年半振りに食す。会社生活時代を思い出し感慨に浸る。今があるのはこれの御陰でもある。
日本のアマチュア演奏家:ってやっぱり凄いです。今回もお友達をたづねに練習場にいったり、室内楽演奏会に足を運んだりしたが演奏技術も意識もイタリア人に見せてやりたいくらいです。そんな人達にサービスができる仕事を出来るようになりたいです。
タワーレコード:ミラノで有名な古楽系の演奏家グループのCDでまだミラノのRicordiで見たことの無いレコードが置いてある。ミラノに戻って探しても無い。今更ながらタワ・レコ恐るべしです。

総論:日本は便利だ。でも、仕事にしても生活にしても交通、流通システムにしても利便性を追求しすぎていて逆にそこまでしなくてもいいのでは?と思うようなことも多い。イタリアで3年過ごしてそう思った次第です。今度日本に帰ったときはどうおもうのだろうか。
by shinop_milano | 2007-10-17 07:10 | 雑記

「ミラノ的ヴァイオリン製作の部屋」改め。埼玉に活動の場を移したヴァイオリン屋の徒然日記


by shinop
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30