ヴァイオリン工房は不思議の部屋 ★camera delle meraviglie★

shinop.exblog.jp ブログトップ

ヴォオラ提出準備完了

d0079867_10232773.jpg
いよいよヴィオラの用意ができました。用意って?これコンクールに出します。明日これをもって北の湖畔の町まで提出に行きます。
結局最後はセットアップとニスのリタッチに時間をずいぶん費やすことになりました。でもMartino工房での経験を生かしつつ仕上げが出来たのでいい勉強になった楽器です。最初弦はEva Pirazziの弦を張って調整していたのですが、提出には予備でもう一セット弦を添えなくてはいけなくて、さてと在庫の中から取り出そうかなと思ったら、無い。どうも勘違いをしていたようです。で、手元にあったのはいつも自分の楽器に張っているDominant2セットとJagerのA線。もしかしたら市内の楽器屋で弦を売っているかもと思い電話すると、つながらない。すでにin ferie(ヴァカンス中)の証拠である。仕方ない、もうある弦でやるっきゃないと、試しにはって見るとやっぱりなんか違う。Eva Pirazziのヴィオラ弦は実はスチール弦で結構「強い」ようでDominantはそれよりも「しなやか」という感じです(主観)。Evaは強いわりには強弱(ピアノとフォルテ)の加減が楽で、いいじゃんと思っていたのだけど・・・
結局、それまでに駒を二つ作ってあり、あとに作ったのより若干低く薄いヤツをDominantにあてがったら結構いい感じだった。よしこれだ!ということでA線ヤーガー+その他Dominant弦ということで張り替え軽く3時間+弾き込み(久しぶりに纏まって楽器弾いたなぁ)。やっぱりドDomnantって安定するの早いなぁ、そして、チューニングが楽!と実感。結果、Evaの方が華やかでソリスティックなセッティングだったのに比べ、Dominantではちょっと落ち着いた感じになりました。弾き込みが足らず少しC線がレスポンスが上がらないのがイマイチかな。でもこういうのが好きなヴィオラ弾きもいるのでコンクールでは音響審査に「ドミナンティスタ」が来るのを祈る次第です。
by shinop_milano | 2007-08-05 10:49 | 楽器製作

「ミラノ的ヴァイオリン製作の部屋」改め。埼玉に活動の場を移したヴァイオリン屋の徒然日記


by shinop
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31