ヴァイオリン工房は不思議の部屋 ★camera delle meraviglie★

shinop.exblog.jp ブログトップ

一週間仕事してみて

大概どこに行ってもそうだが、仕事に仕方、環境や使う道具が異なるとなかなか戸惑う物である。そういうのは最初から覚悟していたが、やはり学校でやる「教育的」方法とは違い実際の仕事の現場ではずいぶんやり方が違うのだなぁ、と実感した。Martinoはロンドンでやってきたのでそこの方法はこうなのかといい刺激になった。細かいことを言い出したらきりがないが、ニカワの扱い方・接着の仕方から、使う道具の種類、扱い方の違いなど密度の高い5日を過ごした。その間お客さん(もちろん楽器のディーラーではなく演奏する人)も来て横でいろいろ話しを聞いていた。近くのバールのバリスタやそのお客などとも知り合うことが出来た。彼の工房はセンピオーネ公園の近くであまり今まで通ったことのないゾーンだったのでミラノの知らなかったところもちょっと覗くことが出来た。そしてMartinoと楽器や音楽だけでなく色々な話しが出来たのがよかった。とてもsimpatico(感じの良い)なひとである。
今週末は今作っているヴィオラを組み立て、来週工房に持って行き見てもらうことになった。という訳で週末は楽器のセットアップにがんばります。
by shinop_milano | 2007-07-20 08:20 | 楽器製作

「ミラノ的ヴァイオリン製作の部屋」改め。埼玉に活動の場を移したヴァイオリン屋の徒然日記


by shinop
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31