ヴァイオリン工房は不思議の部屋 ★camera delle meraviglie★

shinop.exblog.jp ブログトップ

工房にお仕事に行く

先日突然ミラノで工房を開いているMartino Iusさんから電話がかかってきた。「ちょっと忙しいのでよかったら仕事を手伝ってくれないかな〜」とのこと。
MartinoとはアマオケLa Verdi per tuttiでしりあい(彼はヴァイオリンを弾く)一度工房にお邪魔させてもらい仕事の話しなどを聞かせてもらっていた。最近仕事が増えたらしく一人では手一杯で都合が付いたら来てくれないかということであった。これが先週の話し。彼はロンドンの某有名楽器店で数年経験を積んだ後、地元であるミラノにお店を開いたとのことである。彼は製作よりはメンテナンスや修復のほうがメインで、自身楽器を弾くこともありミュージシャンとコミュニケーションしながら仕事をしたい、というコンセプトでも僕と同じで好印象を持っていた。そんな訳で彼からのオファーは二つ返事で承諾し、もし可能なら来年度の工房実習も世話になれないかと相談してみた。9月以降も来てくれて仕事をてつだって欲しかったようでお互いハッピー&ハッピーという感じになれそうである。これは僕にとってもスッゴイウレシい。正直ミラノ生活3年目の終りにしてちょっと将来の展望がちらっと見えたような気がする。
8月はヴァカンスで1月弱仕事を休むということで今月は2週間工房に通うことになった。
by shinop_milano | 2007-07-16 08:02 | 楽器製作

「ミラノ的ヴァイオリン製作の部屋」改め。埼玉に活動の場を移したヴァイオリン屋の徒然日記


by shinop
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31