ヴァイオリン工房は不思議の部屋 ★camera delle meraviglie★

shinop.exblog.jp ブログトップ

ゴールドベルク変奏曲

を突然聞いてみたくなった。深夜に作業をしているとたまにそんな気分になる。眠る為の音楽?決してそうではない、と僕は思う(大体みんなそう思ているのではないかと思う)。テーマのアリアを聞く。たくさんあるヴァリエーションを聞く(正直、それが退屈だったりと感じる部分もある)。そして、もう一度最初のアリアに戻ってきた時、機械の演奏でない限り冒頭のテーマとは必ず違うものがそこにはある(グールドのはちょっとやりすぎな感があるが理解出来なくもない)。このアイデアは凄いと思う。
この曲を聞くと「時間の流れ」の何かを感じる。一定でない時間、早く過ぎ去って行く時間、淀んだ時間、無駄に過ごした(でも決してまったくの無駄ではなかった)時間。そんなことを思わせる音楽、だから深夜に聞きたくなるのかも。最初に聞いたはずのテーマそれが絶えず変化しもう一度最初に戻ったときそれはどう変わってしまったのか。
去年見たアニメ映画『時をかける少女』にもゴールドベルクが挿入されていた。うまい使い方だと思った。時の流れ、変化、過去への回帰。そう思うのは僕だけではないようである。最初のテーマに戻ってきたとき初心を、過ごした時を思い浮かべさせる。変化してしまったものに後悔し、納得し、妥協しそしてまた初心に戻ることが出来る、そんな気がする。
by shinop_milano | 2007-06-07 09:29 | 雑記

「ミラノ的ヴァイオリン製作の部屋」改め。埼玉に活動の場を移したヴァイオリン屋の徒然日記


by shinop
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30