ヴァイオリン工房は不思議の部屋 ★camera delle meraviglie★

shinop.exblog.jp ブログトップ

硫黄島からの手紙

今ミラノでは『硫黄島からの手紙』を上映していて回りのイタリア人は結構見に行っているようである。この映画は珍しく字幕上映らしく日本語を聞きながら鑑賞出来るらしい。で、今日学校でリュート/ギターの演奏を教えるフェラーリス氏に会ったときにこの映画の話しになった。彼曰く「日本語で”カッカ”とは何を意味するんだ?」とのこと。もちろん”閣下”なのだが、「軍隊だと大将とか、王様とかの敬称だ」というと頷きながら笑う。この質問で僕も笑ってしまった。なぜならイタリア語でCaccaとは「うんち」を意味するからだ。この映画見に行ってイタリア人を観察するのも面白いかも。
by shinop_milano | 2007-03-05 20:00 | ミラノ生活

「ミラノ的ヴァイオリン製作の部屋」改め。埼玉に活動の場を移したヴァイオリン屋の徒然日記


by shinop
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31