ヴァイオリン工房は不思議の部屋 ★camera delle meraviglie★

shinop.exblog.jp ブログトップ

バディアロフ氏の講習会ーその1−

実は今月は10日間程日本に帰っていました。というのは、東京でバロック・ヴァイオリンの製作・セットアッップについて講習会が開かれたからです。この講習会は代官山音楽院というところで行なわれたのですが私の友人が企画したのと講師にドミトリー・バディアロフ氏が来るというので参加することにしたのです(他にも飛行機のチケットをマイルでゲット出来たのも理由にあるのだが・・・)。
さて、この講師のバディアロフ氏は最近はヴィオロンチェッロ・ダ・スパッラ(肩掛けチェロ)の再現で日本でも話題になったとは思うが彼はS.クイケン率いる古楽オーケストララ・プティット・バンド(そしてその他)のメンバーであったり楽器製作だけでなくヴァイオリン奏者としても活躍するという人物です。だから、製作者としてではなく演奏者としての考えを聞けるだろうと期待していたのです。また彼は一時私の通うミラノ市立弦楽器製作学校にも籍を置いていて共通の知りあい(学校の先生とか)もいて面白い話もできるだろうと考えていました。
この講習会は3日間行なわれ(結局当初の予定とは変わったのだが)2日半が講習、半日が実際に楽器を使っての実習ということになりました。特に実習は私が1年半前に作ったバロック・ヴァイオリンを使って行なうことになり、直接楽器についてのアドヴァイスを貰う形になり大変有意義な内容でした。バディアロフ氏は3日中の1日を使って弦(もちろんガット弦)についての説明を行ないました。其の中で印象に残るお話を一つ。
今日、我々は楽器屋で「弦下さ〜い」とえがばピ○ストロ社やト○スティック社などの弦がほぼ均一な質を持っていて(巻き付けるペグを間違えなければ)何も考えずに楽器に張って使うことができるのですが、かつては太さや均一性にバラツキの大きい弦が何十本かの「束」売られていたそうで演奏者はそれらの中から自分気にいった(あるいは目的にあった)弦を選択して使わなくては行けなかったそうです。ということはヴァイオリニストは自分の演奏についてオーボエ奏者が自分のリードを自分で製作するかの如く「弦を選ぶ(そして必要に応じて手を加える)」ということから責任を持たなくてはいけなかった訳です。ガット弦と言ってもいろいろな種類があるし、その選択は自由ですが間違うと楽器が良く機能してくれません(今回の講習会前の私の楽器のように・・・)。バロック・ヴァイオリンを作るということは弦についての熟知していることの重要さがよ〜く解りました。僕も楽器を弾きますが改めて弦楽器について考え直す良い機会になりました。
by shinop_milano | 2006-11-22 00:00 | 楽器製作

「ミラノ的ヴァイオリン製作の部屋」改め。埼玉に活動の場を移したヴァイオリン屋の徒然日記


by shinop
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31