ヴァイオリン工房は不思議の部屋 ★camera delle meraviglie★

shinop.exblog.jp ブログトップ

最近の仕事より2012/2/5

1月は修理、修復の仕事がメインでしたが、工房にいくつか楽器の在庫が出来たので紹介します。

d0079867_13591753.jpg去年から作っていたヴァイオリンですが完成しました。年明けに塗装が終わりようやく落ち着いてきいました。セットアップをいろいろいじってみてじっくり調整する所です。
今回は赤茶色系の塗装にしてみました。3月、4月の展示会に出展予定です。


d0079867_144881.jpg前回工房で用意して好評だったルーマニアのモガ工房製ヴァイオリンを再度入荷しました。
東欧でもルーマニア、ハンガリー方面で作られるヴァイオリンの雰囲気を良く出していています。例えば材木の種類とか塗装の色やアンティーク風仕上の仕方など。
d0079867_1481434.jpg楽器の特性は生産者(社)の特徴が多かれ少なかれあらわれます。この価格帯の楽器だと中国で同様に生産をする工房の楽器と良く比較されますがそれとは違った雰囲気の感じだと思います。初心者から上級者まで使えるコストパフォーマンス十分の楽器です。


d0079867_14162820.jpgその他オールドの楽器にも手を入れています。こちらはバスバーを付け直したオールドボヘミアンヴァイオリン。はこを閉じてセットアップに入ります。その他、オールドボヘミアンのチェロも修復に取りかかる所です。


今週はこんな所まで来週は製作中のチェロも写真だせるかな?、っと。
by shinop_milano | 2013-02-05 13:58 | 篠崎バイオリン工房

「ミラノ的ヴァイオリン製作の部屋」改め。埼玉に活動の場を移したヴァイオリン屋の徒然日記


by shinop
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31