ヴァイオリン工房は不思議の部屋 ★camera delle meraviglie★

shinop.exblog.jp ブログトップ

2012イタリア出張ー受難編2

ボローニャ中央駅についたのは9:50分。駅に着いてすぐに自動券売機でミラノ・マルペンサ空港行きのダイヤを調べる。僕がモデナで暮らしていた頃はこんな検索はあり得なかったなぁ・・・などと考えつつ検索結果を見ると9:10分発のミラノ・ポルタガリバルディ駅着10.26、乗継いでマルペンサ空港に11:17着という列車があった。飛行機の出発は12:30。よし、これならギリギリ間に合う!!

迷わず切符を買ってミラノ行き特急の停車する1番ホームに走った(自分が走っても列車は時刻表より早くは出発しないのだけど)。しかしこれだけでは安心できない。特急列車と言えど遅れるということはイタリアでは日常茶飯事だからだ。ホーム表示される列車の運行状況をみると、
ガ━━(゚Д゚;)━━ン!
10分遅れ。ミラノでの乗り継ぎ時間は9分!小学生でもできる計算、これじゃ間に合わんじゃないか!しかしこれに乗るしかない、ひょっとしたらミラノに向う途中、パルマあたりの平野で加速するかもしれない、専用線路敷いてあるし。まあ、希望をもって列車を待つしか無い。

しかしこういう時は悪い方に事態は進むようである。列車は15分遅れてやってきた・・・(涙)
こりゃダメかな・・・ちょっと諦め方向に気持ちが傾いた。日本の列車のように遅れていたらそれを取り戻すように努力するようなことはイタリアの国鉄はしてくれない。
取りあえず列車に乗って時刻を確認することにした。今回はノートパソコンをもってきていてUSBキー経由で携帯の電波を拾ってネットに接続できる。時間単位で接続サービスを買えるのでテンポラリーに使いたい旅行者にも優しい。

ダイヤを確認した所、また少し希望の光が見えた。
もし乗り継ぎが間に合わなくてもポルタガリバルディ駅からは次に空港直行列車で11:38着というのがある!チェックインカウンターまで走れば出発45分前に超ギリギリ間に合うかも知れない!しかし願わくば15分の遅れを取り戻せとは言わない、10分でいいから遅れを取り戻してミラノに着いてほしい!!

そう思いながら列車はミラノ市内に入った。
最初の駅、ミラノ・ロゴレド駅はミラノで最初のころにすんでいたアパートがすぐ隣だ。なので次の駅への距離感はよく知っている。空港への列車の出発にはあと10分弱だ。あかん、予定していた接続の列車には間に合わない・・・

果たして、ミラノ・ポルタガリバルディ駅には13分遅れて着いた。当然、予定していた空港行きの列車は待っていてくれなかった。
ホームの反対側にはフランス国鉄のTGVが停車している。今はこの駅からもフランス行きの列車がでるのかぁ、などと鉄道ファンには見過ごせない状況を目にするが急いで乗り換えのホームを探す。
ポルタガリバルディ駅は最近再開発で先のTGVの発着があったり、空港行きの列車も発着があったりと列車の運行状況は僕がイタリアにいた頃とはすっかり変わってしまった。気持ちは焦るがもう時間のロスは出来ない。いったい出発のホームはどこだ?
15分くらいの時間があったがまだホームの表示が出ていない。仕方ないから地下通路に重い荷物を持って降りて聞いてまわる。そしたら結局さっき降りたホームが最後の期待を込めて乗ろうとする列車の出発ホームだった。( -.-) =з ハァ…披露倍増。

お腹も減ってきたので空港までの車中で駅の売店でパニーノを買った。取りあえず何か食事でもしないと落ち着きそうもない。。
列車は時間通りに来た。TGVを見ながら列車に乗り込む(間に合わないならいっそのことこれでパリまで行っちゃおうかとか思いながら・・・)。果たして飛行機には間に合うか!?

<つづく>
by shinop_milano | 2012-07-17 00:36 | 篠崎バイオリン工房

「ミラノ的ヴァイオリン製作の部屋」改め。埼玉に活動の場を移したヴァイオリン屋の徒然日記


by shinop
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31