ヴァイオリン工房は不思議の部屋 ★camera delle meraviglie★

shinop.exblog.jp ブログトップ

TOKYOハンドクラフトギターフェス2012

今さらかも知れませんが10日ほど前に錦糸町で開催された「TOKYOハンドクラフトギターフェス2012」に出展し材木の販売などをしてきました。すぐに会場の状況などをアップしようと思っていたのですが、工房に帰ってきてデジカメがないのに気付きました。ガ━━(゚Д゚;)━━ン!
今日会場に電話したら落とし物で届いているとのことで見つかり肩をなで下ろしています・・・
会場の様子はデジカメガ戻ってきたらアップしたいと思います。

お陰さまで盛況に終わり新しいお客さんとの出会いやギター&ウクレレ・ルシアーとの情報交換はたいへん有意義でした。私のように販売のブースは他にもあるので私自身も買物に会場を散策したりします。

今回の獲物を紹介。前から欲しかったこれ、キルシュナーのストリングゲージゲージメジャー!
d0079867_18374652.jpg

これは何?と思うバイオリン弾きは多いはず。なにせモダンのバイオリンにはほぼ必要ないからね・・・

これは楽器の基準ピッチ、弦長、材質に合わせて弦の張力を即座に計算できるという優れモノ。逆引き的に使えば張力に合わせてゲージ(太さ)を概算できるのであります。つまり、リュート、ギターなどの弦の多い撥弦楽器(特にガット弦を使った)の現選択に使うツールです。

今どきはパソコンを使ってオンラインで計算できるプログラムも出ているので、古めかしいアナログツールの一つですがアナログだからこそ経験的な修正を見込んで利用できると思っています。バロック楽器やガット弦張る時は利用出来ます。
今回は撥弦楽器製作で有名なCLANE鶴田さんのブースで見つけて購入させてもらいました。鶴田さんには初めてあったのですがたいへん良い勉強をさせてもらいました。どうもありがとうございました。

以前はピラミド社(ピラミドもキルシュナーも弦メーカーです)のものを見たことがあるけどキルシュナーのはどうも仕様がちょっと違うようでちょっと勉強が必要なようです。
by shinop_milano | 2012-05-29 18:54 | 篠崎バイオリン工房

「ミラノ的ヴァイオリン製作の部屋」改め。埼玉に活動の場を移したヴァイオリン屋の徒然日記


by shinop
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31