ヴァイオリン工房は不思議の部屋 ★camera delle meraviglie★

shinop.exblog.jp ブログトップ

表板の修復

先月から取りかかっていた虫食い見つかった表板の補修を終えました。
d0079867_0461738.jpg
結局、虫食いの穴はバスバーを通過して駒の位置の所まで繫がっているのがわかりました。なのでバスバーに沿って駒位置まで傷んでいる所を削って新しい木で埋めました。そうでないと弦を張った時に駒の圧力に耐えられないだろうし、振動も効率よく伝わりません。

d0079867_0534836.jpg幸い虫食いのある中心部が結構厚かったのであまりオリジナルの木があまり薄くなりすぎずに済みました。局所的にはニスの厚さしか残らないような所もあったので埋木の張り合わせは結構慎重になりました。結果バスバーを貼付けた後も表面に凹凸が出たりしなかったので御の字です。やった。

d0079867_12204.jpg裏板は部分的に厚すぎるところがあったので若干厚さの具合を調整しました。これに表板を接着して本体内部の修復は終了。

このあとは表面塗装の痛みの激しい部分を奇麗にお化粧してゆきます。このニスのリタッチ作業が修復の仕事としては腕の見せ所ところです。
by shinop_milano | 2012-03-15 01:08 | 篠崎バイオリン工房

「ミラノ的ヴァイオリン製作の部屋」改め。埼玉に活動の場を移したヴァイオリン屋の徒然日記


by shinop
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30