ヴァイオリン工房は不思議の部屋 ★camera delle meraviglie★

shinop.exblog.jp ブログトップ

フタをあけてみたら

前回上げたペグホール修正のヴァイオリン、表板を外してバスバー(力木)、板厚の調整をします。
表板を丁寧に剥がして「フタ」を開けました。何が飛び出すやら、パンドラの箱みたいなものかも・・・
剥がしてみた表板はこんな感じです。
d0079867_02583.jpg意外に結構作りは丁寧で「希望」が出て来たと思っていたのですが、詳細に見てみるとイヤなものを見つけてしまいました。

d0079867_01339.jpg虫食いの跡です。ブロックの周辺がやられていてこの周辺は削り取って木を移植することになります。ついでに貼ってあったラベルのメーカー(本物かどうか怪しいが)とは違うスタンプがありました。ラベルはボヘミアのメーカーのものでしたがシェーンバッハのメーカーのスタンプでした。


d0079867_0142965.jpgさてこの辺の修理。まずブロックに接着される所は平面に削いでそのまま薄く削った板を貼付けます。平面同士の面合わせなのでこれは楽な作業。
面倒なのは局面の木の移植。魂柱部のすり減りやワレの補強と同じく、傷んだところを削って「パッチ」を張り合わせます。写真のように長丸形のパッチを作りその形に合わせてくりぬきます。あわせやすい様にくりぬいたらパッチを凹面にあわせて成形。


d0079867_0283315.jpg凹面は薄皮1枚で残しているのでぴったり合わないと接着したあと表面に歪みが生じてしまう。なので、完全に密着する様に時間をかけて合わせます。接着して成形したあとはこんな感じです。反対側のブロック接着位置も同様のワームホール(虫食い孔)が走っているので同様の作業を繰り返します。


これ一つ対応するのに半日の作業。虫食い対応はとても面倒です・・・。
by shinop_milano | 2012-02-24 00:34 | 篠崎バイオリン工房

「ミラノ的ヴァイオリン製作の部屋」改め。埼玉に活動の場を移したヴァイオリン屋の徒然日記


by shinop
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30