ヴァイオリン工房は不思議の部屋 ★camera delle meraviglie★

shinop.exblog.jp ブログトップ

ヴィオラ顎あて カスタムモデル

先月仕上げたヴィオラのアクセサリをカスタマイズしています。具体的には顎あてとテールピースをかっこ良く、楽に弾けるように成形しました。

成形する前は
d0079867_114723.jpg

こんな感じで妙に大きく、金具をつける「脚」の部分が必要以上に大きく重いものをつけていました。楽器を構える上でアクセサリが楽に楽器を弾けずに余計な所に力が入ります。また、「皿」の部分が高いと顎を載せたとき顎を上げなくてはいけないので無理な姿勢になります。

成形後はこんな感じです。
d0079867_1192395.jpg

余分な部分をそぎ落とし、若干高さを下げました。形はもっと細長い感じにしてをモダンな感じに整えました。材はパリサンダーで最初オイルフィニッシュにしようかと思ったのですがオイルだと杢目がよく映えず、ニトロセルロース系のラッカーを使いました。早く乾き仕上がりも奇麗なのですが磨きやし仕上がシェラックアルコールニスとは違いちゃんと仕上げるには結構技術がいるのがわかりました。

あごアテ、テールピースのようなパーツは一見どうでもよいように思いますが、楽器を構えた時の利便性や弾いた時の振動の特性にはかなり影響を受けます。なのでこういうところも必要に応じて手を加えています。
by shinop_milano | 2011-12-12 20:00 | 篠崎バイオリン工房

「ミラノ的ヴァイオリン製作の部屋」改め。埼玉に活動の場を移したヴァイオリン屋の徒然日記


by shinop
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31