ヴァイオリン工房は不思議の部屋 ★camera delle meraviglie★

shinop.exblog.jp ブログトップ

フルニャーニのギター・コレクション展inミッテンヴァルト

イタリアから帰ってきてから1週間経ってしまいました。

今回は今年秋以降の展示会について材木の入荷や関係業者とのコラボレーションなどについて直接会って話してきました。ちょっと長めにイタリアに行って一足早い夏期休暇も兼ねたのでこの夏は休み無しで汗を流して楽器作りに励みたいと思います。

さて、今回のイタリア出張で行った最北は電車の都合上ミュンヘンまで行きましたが、イタリアのクレモナ同様、ヴァイオリン製作で有名な町(いや、村か)ミッテンヴァルトを訪ねました。ここの弦楽器博物館で今年の5月から10月までモデナでの師匠、ロレンツォ・フリニャーニのギターコレクションを加えて歴史的ギターの展示会が開催されているのです。
d0079867_15242639.jpg


ミッテンヴァルトはヴァイオリンの製作だけではなくギターやツィターの製作も昔から行われていて現地の楽器製作学校ではギター製作のコースもあります(フリニャーニ工房で一緒に仕事をしていたドイツ人の女の子はこの学校の出身でした)。当然そこにはご当地で製作されたギターのコレクションもあり今回はそれらと併せて、フリニャーニのイタリアン・ギターのコレクションと併せた企画です。この話はぼくがモデナにいた時から話が進んでいましたがこのように開催できて嬉しく思います。

写真はこの展示会のカタログですが、19世紀ギターファンには垂涎のファブリカトーレやグァダニーニ、珍しいフェラーラのマルコンチーニにミラノのジャコモ・リヴォルタのギターもあり一見の価値有りです。

ミッテンヴァルトでは博物館で当地の歴史や楽器製作の歴史的遷移などもよく説明されていてたいへん勉強になりました。日本では何かと商業的でキャッッチーなイメージの既述や説明を見かけることが多いのですが、現地で資料を目の当たりにしながら客観的な事実やストーリーを知ることができるのは貴重な体験でした。
by shinop_milano | 2011-06-28 15:15 | 篠崎バイオリン工房

「ミラノ的ヴァイオリン製作の部屋」改め。埼玉に活動の場を移したヴァイオリン屋の徒然日記


by shinop
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30