ヴァイオリン工房は不思議の部屋 ★camera delle meraviglie★

shinop.exblog.jp ブログトップ

さらば、イタリア記念旅行(5)〜アレッツォ

ローマの方からモデナに帰る途中、どこぞに寄れないかなと思って立ち寄ったのがトスカーナ州の街、アレッツォ。8月にフリニャーニ工房で一緒に仕事をしていたアネッテがこの街に行ったのをきいて前から考えていたのだけど結局立ち寄ることにしました。
一般的にはあまり知られていないけど通好みなものがこの街には満載。で、そんなところをいくつか紹介。

まずは、西洋音楽を勉強した人なら全員がお世話になっているこのひと。
d0079867_1523043.jpg

グィード・ディ・モナコまたの名をグィード・ダレッツォ(Guido d'Arezzo,995ごろ~1050)。有名な”グィードの手”を使ってドレミファ唱法を考案したお方。この人のお陰で教会での歌唱教育は劇的にすすんだそうな。駅を降りてからまっすぐ歩くと彼の像が建って観光客をもてなしてくれる。ドゥオーモの近くには彼の暮らしていたという家にプレート(写真下)がかかっている(けど、あまり彼の様子は詳しく伝わっていないので本当かどうか怪しいとおもう)。どちらも彼を讃える「音階」がデザインされている。
ともかく、今我々が「ドレミファソラシド」と歌えるのは彼のお陰。もし、彼がいなかったら「ハラホロヒレハレ」と音階を歌っていたかも知れない・・・(注:正しく言うと彼の頃には「ド」は「ド」ではなく、「シ」は無かった。詳しくは専門書にゆずります。)
d0079867_1525550.jpg

一般的にアレッツォでもっと有名なのはここ。聖フランチェスコ聖堂、なかにルネッサンスの画家ピエロ・デッラ・フランチェスカの代表作「聖十字架伝説」のフレスコ画がある(ここは写真撮影禁止だったので、右下の写真はドォーモにある別のフレスコ画を掲載)。彼のあだ名のデッラ・フランチェスカはこの聖堂に由来する。彼はアレッツォの近くサンセポルクロという町出身だが周辺に彼の作品が結構残っているのでピエロ・ファンはキャンティー・ワインをの試飲とあわせて巡礼にやってくるようです。ピエロの絵は幾何学的で構図の取り方の妙が面白い。数学の著書も残しているくらいだから相当の博識だったと思われる。
d0079867_1531844.jpg

つづいて、街の中心グランデ広場はこの街出身のジョルジョ・ヴァザーリの設計。彼は彼自身の作品よりもルネッサンスの芸術家の評伝を綴った『芸術家列伝』の著書で知られるがここはその数少ない彼の有名な作品のひとつ。シエナのカンポ広場に似ているがここではGiostra del Saracino(サラセン人の馬上槍大会)という街の地域対抗、馬上槍突き大会が年に一度開催される。どうも、トスカーナの人たちはこういったものが好きなようだ。
d0079867_1534747.jpg

この街はアカデミー賞も獲得したロベルト・ベニーニ監督の『ライフ・イズ・ビューティフル』の舞台の街。街のロケ地にはこのようなポスターが立っていて映画のシーンを彷彿させる(じつは僕はこの映画をまだ見ていない・・・)。
d0079867_154865.jpg

ともあれ、街から丘を見晴らせる公園に行くともうマロニエの葉は色づいていて秋の訪れを感じました(これを書いている一ヶ月前だけど・・・・-_-;)。こうして、こうしてイタリア最後の一週間をすごしにモデナに戻ったのでした。
by shinop_milano | 2010-10-21 15:01 | 雑記

「ミラノ的ヴァイオリン製作の部屋」改め。埼玉に活動の場を移したヴァイオリン屋の徒然日記


by shinop
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30