ヴァイオリン工房は不思議の部屋 ★camera delle meraviglie★

shinop.exblog.jp ブログトップ

日本にて再起動します

重要なお知らせ。
夏が終わる頃、今年10月にイタリア生活を終え日本に帰ることにしました。実はもうずいぶん前に決めていたのですがここでみなさんにお知らせしたいと思います。
ミラノで、モデナで、製作仲間のいるクレモナや他の街や国で6年間いろいろなことを学び、体験してきました。一つの区切りを終えたとき、これからどうしようか?というのは誰もが考えること。あくせくしないイタリアの生活環境のなかで原典の資料やストーリーのある中で生活をしたい気持ちは、同業の友達のように僕にもあるけど、ぼくがイタリアに来た目的は日本のヴァイオリンやヴィオラやチェロを演奏する人に貢献したいということだった。それは今もおなじだ。だから、目的に向けて計画を1st phase から2nd phaseに移行しよう、と決めたのです。
6年間のイタリア生活——気がついてみたら人生の約六分の一を過ごしていた。僕にとってイタリアはもうそんな遠い国ではない。来ようと思えばいつでも来られる、しね。
これからは楽器を作るだけでなくこれまでの経験を生かして自分の生活環境も創って行けるようなアルチザン(職人)でいられたらいいなぁ、というのが次の目標。「職人(アルチザン)」とは洋の東西を問わず技術だけではなく、むしろそれ以上に知識と美的センスとをもってプロジェクトを計画/実行させる能力を持った人のことだ。それができる人のことを「マエストロ」とか「マイスター」と呼ぶのだ。「マエストロ」という称号で呼ばれたくないけど、かっこいい、粋なアルチザンでいたいと思う。まだまだ、知らないこともできないこともあり経験も浅いけどこれからのことは人生の最終地で考えて解決してゆこう。

ということで、今年10月から生活を日本に移します。
どこに?それは生まれ育った埼玉県の地元です、比企郡滑川町。もう屋号も用意してあります。

篠崎バイオリン工房

先立ってwebサイトはβ版を用意しました。(実工房何も用意していないけど・・・)
www.shinozakiviolin.com

リアル工房もヴァーチャル工房も徐々に準備を進めて行きます。
ということでこのブログは10月にて終了予定です。その後は別にブログを立ち上げて行こうかと考えています。

残り3ヶ月ラストスパートで行きたいと思います。
どうぞよろしくお願いします。
by shinop_milano | 2010-07-02 20:01 | 楽器製作

「ミラノ的ヴァイオリン製作の部屋」改め。埼玉に活動の場を移したヴァイオリン屋の徒然日記


by shinop
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31