ヴァイオリン工房は不思議の部屋 ★camera delle meraviglie★

shinop.exblog.jp ブログトップ

トレントのアモリーノ

d0079867_7143868.jpg

モデナに帰る途中、トレントに引っ越したルカ・プリモンを訪ねた。プリモンにはミラノの弦楽器製作学校で指導を受けたのだが今は故郷のトレントに引っ越してヴァイオリン製作活動に集中している。しばらくゆっくり話していなかったので立ち寄りたい旨を伝えると快く泊まっていいよ、ということでもてなしてくれることになった。僕がお邪魔した日は奥さんが一日いなくて2人の子供たち面倒を見なくてはいけないからということで仕事もできずちょうど良い暇の相手になったようだ。
着いてみるとプリモンは「急に今夜は奥さんが遅くに友達を連れて帰ってくることになったから申し訳ないけどホテルを取っておいたからそっちで寝てくれる?」といって今夜の宿のことを説明した。そんなつもりではなかったのだが、なんというか、厚くもてなしてくれて恐縮である。彼とは最近の話などをしつつ彼の新しいまだ改装中の工房、最近の楽器や作りかけの楽器などを見せてもらったりした。相変わらず実直な性格なので工房の準備も完璧である。
夕食は彼が料理するのを手伝いながらお子さんたちと一緒に頂いた。彼の得意メニューは夏のヴァカンス中に覚えるサルデーニャ料理でとてもおいしい(実は何度も頂いているのだ)。明日は午前中に市内を観光して午後に街を出発する、と話すと、じゃあ、といって午前中市内観光につきあってくれることになった。トレントに降りるのは初めてなので心強い。

次の日、10時にドゥオモ広場で待ち合わせるとぶらっと出発。まずは反宗教改革で有名なトレント公会議の行われたサンタ・マリア・マジョーレ教会に向うと彼の友人の女性にばったり出くわす。15分話がはずみくらいじゃあと別れると、また偶然に別のプリモンの友人の夫婦に出くわす。どうもプリモンは地元でも人脈が広いらしい。その旦那さん(アントニオ)は音楽に造詣が深いらしく僕が「トレント出身の有名な音楽家は誰ですか?」と質問するとすかさず「フランチェスコ・アントニオ・ボンポルティ、彼の家はあそこの広場を左に曲がって・・・」と答えてきた。なかなかの音楽家と見た。普通住んでいてもボンポルティの名前はすぐに出ないよなぁ、きっと。

そんな中で話しているうちに楽器の話になり町中の壁に書いてあるフレスコのイコノグラフィ(図像)の話題が出たとき僕が「ああ、ドゥオモ広場にもヴァイオリンを持ったアモリーノ(キューピッド)の絵がありますよね、あれはどういったものでしょうか?」と質問すると、プリモンもアントニオさんも真顔になって「そんなのがあったっけ?見たことが無いぞ。」という。それは朝待ち合わせの前に街を散策して見つけたのだ。ハーディ・ガーディ弾きの大きなフレスコはだれの目にも明らかで彼らも知っていたがヴァイオリンは知らなかったらしい。「本当かどうか見に行こう!」ということで急遽案内役が交代になった。ちなみにこの手のイコノグラフィは楽器の歴史を考察する上でたいへん重要である。いつヴァイオリンが生まれたか、どういう変化の過程を経たのかなど歴史的資料なのだ。逆にいうと楽器の形状をみるとだいたいいつ頃に書かれたのかもわかる。
ドゥオも広場に戻って説明すると「ああ、本当だ」ということで地元の通なトレント人にも明らかになった。で、これがその「トレントのアモリーノ」。
d0079867_7215416.jpg

3人のうち一人はヴァイオリンらしい楽器を弾き、もう一人はコルネットを吹き、あと一人は楽譜をもっている。この様子からだいたい1600年代前半のデザインだと予想できる。

ともあれこんな感じだったのだが僕にもプリモンにもお互いに取ってよい再会だったのではないかと勝手に思っている。
by shinop_milano | 2010-02-24 07:13 | 雑記

「ミラノ的ヴァイオリン製作の部屋」改め。埼玉に活動の場を移したヴァイオリン屋の徒然日記


by shinop
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31