ヴァイオリン工房は不思議の部屋 ★camera delle meraviglie★

shinop.exblog.jp ブログトップ

Hillsideの星空

今週後半も仕事のお手伝いにエミーリア・ロマーニャのS. Poloにでかけた。13日は夕方突風を伴った夕立(temporaleって言うヤツですな)が吹き荒れ雹も降り出し大変だったがその後はすっかり晴れ渡り空気も浄化されたお陰でその晩は満点の星空を眺めることができた。ここは四方の半分を丘に囲まれているので空が澄んでいれば星座を探すのが難しいほど星はよく見渡せる。
折しもペルセウス座流星群がピーク近くなのを知っていた私は夜工房の庭で空を眺めていると流れ星がスッと目の前をよぎった。すると工房より「何をしているんだ」とマエストロが寄ってくると、かくかくしかじかと流星群の話をした。「そんなには見えないもんだよ」なんて天文にはまったく興味の無い彼は鼻で笑っていると結構大きい流れ星を目撃した(らしい、ぼくは見ていなかった)。じゃあまた見えるかもということでしばらく満点の星空を二人で眺めていたのであった。
残念ながらその後星は流れず流星「群」は目撃できなかったのだが、かれは一つ目撃した流れ星に結構喜んだようだ。「明日は何かいいかもあるかもよ?」と僕がいうと。じゃあ、ということで翌日二人でスーパーエナロットを買うことにした(最後は現実に戻る、と)。折しも今日の抽選でもJackspotの当選者はでずに最高賞金は135.900.000ユーロに達したのであった。
by shinop_milano | 2009-08-13 06:51 | ミラノ生活

「ミラノ的ヴァイオリン製作の部屋」改め。埼玉に活動の場を移したヴァイオリン屋の徒然日記


by shinop
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31